11月 192012
 

万福原古墳は、雉子ヶ尾峠の南西1kmほどの丘陵の頂上付近に築かれています。市指定史跡。
【アクセス】JR安中駅から徒歩・自転車5.2km、駐車場無し、見学要許可?(畑地内) ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■安中市古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用

万福原古墳 円墳 残存径12m(復元20m)、高さ3m 下秋間 丘陵 横穴式石室 現地案内板

東から。7世紀後半の築造。

入口の天井石がずれていてちょっと怖い。

羨道部は溶結凝灰岩の截石を使った切組積。玄門は安山岩の截石。

天井石、奥壁は巨石使用。側壁は溶結凝灰岩の截石を用いた互目積。

奥から外。同じ市内の磯貝塚古墳や二軒茶屋古墳とよく似ている。

羨道部を奥から外

(現地案内板より抜粋)
万福原古墳(秋間12号墳)
安中市指定史跡
平成12年9月27日指定

万福原古墳は、7世紀後半に構築された円墳で、その墳丘規模は残存径12m(復元直径20m)、高さ3mである。
主体部は両袖型横穴式石室で、玄室は溶結凝灰岩(秋間石)の截石を用い、玄室の側壁は石の合わせ目が上下で互い違いになる互目積で構築している。また、羨道は同じく溶結凝灰岩の截石を用い、石の各角を直角に截り組ませる切石積で構築している。羨道から玄室の入口には安山岩の截石を用いた?石(冠石)、袖石、框石を複雑・巧妙に組み合わせた玄門構造で構築している。石室の全長は7.08m、羨道長4.25m、同幅1.32m、玄室長2.81m、同高さ2.9m、同奥幅2.1m、同中央幅2.25m、同手前幅2.15mである。安中市では截石切組石室を主体部とする古墳は秋間川流域の丘陵部に分布しているが、截石切組石室を造る技術者集団の存在や秋間窯址群との関連を伺わせる貴重な歴史的遺産である。
中でも万福原古墳は石室の保存状態が良好である。
安中市教育委員会

(撮影 2003/11)

 返信する