11月 272015
 

二軒茶屋古墳は、安中榛名駅の南西1.2kmほどの、秋間川を見下ろす丘陵上に築かれています。
【アクセス】JR安中駅から徒歩・自転車7.2km、駐車場無し、見学自由? ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■安中市古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用

二軒茶屋古墳 円墳 約15m 西上秋間上原 丘陵 直刀、壷、石棒、横穴式石室 安中市史・まいぶん群馬HP

niken20

丘陵上の集落の中ほどにある。墳丘上に稲荷社。隣家に声をかけ見学した。横穴式石室を持ち7世紀第3四半期の築造と推定されている。

niken21

南東向きに開口する横穴式石室。

niken22

羨道部。凝灰岩を使用。羨道の長さ3.9メートル、羨門幅0.9メートル、玄門付近の幅1.1メートルである。

niken26

羨道部を奥から外。

niken23

奥壁、天井石は巨石使用。側壁は凝灰岩の截石。玄室の長さ3.6メートル、奥幅2.5メートル、袖幅2.1メートル、高さ約2.35メートル。

niken24

両袖式。玄門は截石切組積。秋間川沿いに点在する二軒茶屋古墳、磯貝塚古墳、万福原古墳は全体に似たようなつくりの石室を持つが他の2古墳と比べると側壁の石が大ぶり。

niken25

斜め奥から。

(撮影 2003/11、2015/01)

 返信する