8月 142015
 

簗瀬二子塚古墳は、原市小学校の南400mほどの碓氷川中流域の中位段丘上に立地しています。
【アクセス】JR磯部駅から徒歩・自転車2.1km、駐車場有、見学自由(石室内立不可)  ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■安中市古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用

簗瀬二子塚古墳 前方後円墳 全長約80m、後円部径50m、高さ約8m、前方部巾52m、高さ7m 簗瀬字八幡平 丘陵 石製模造品、銀製垂飾付耳飾、勾玉、管玉、切子玉、算盤玉、棗玉、丸玉、小玉、金箔入り3連ガラス玉、金銅製三輪玉、馬具、直刀、鉄鏃、挂甲小札、須恵器、土師器、円筒埴輪、形象埴輪 まいぶん群馬HP

yanase30

左が前方部、右が後円部。馬蹄形の内堀、外堤、外周溝が巡り、墓域の全長は約130m。2段築造の墳丘で多量の円筒埴輪の樹立が認められた。6世紀初頭の築造。以前は個人所有の竹林であったが、安中市が買収し2015年7月に史跡公園として公開された。

yanase31

前方部から後円部。

yanase32

後円部から前方部。妙義山の方を向いているようだ。

yanase33

横穴式石室が開口。石室が閉鎖され入室はできない。内部に照明がつきガラス窓から覗き込めるが、オープン時ですでに汚れが酷くほとんど見えなかった。

yanase34

公園東側に小さな資料館(駐車場、トイレ有)が併設された。パネル展示が主であるが、石室内部や航空写真の3Dムービーも見られる。特に石室のはできがよいので古墳マニア必見。

以下、公園化前の2009年11月に(財)群馬県埋蔵文化財調査事業団による見学会が催されたので参加し撮影した画像。


南から。


後円部から前方部。将来公園化されることが決定している。

 
前方部からくびれ部と後円部。


後円部基段面に南向きに開口した石室。全長11.52mで羨道部が2/3を占める。群馬県では最も古い部類の横穴式石室。数年前に施錠され普段は見学できないが今回は特別。

 
狭く長い羨道。玄室へ向かい2段に約1.5m下る。玄室を地表面に作ったためらしい。


玄室。玄室長4m、同幅2.3m、同高2m。壁材は碓氷川産の安山岩の転石、天井石は秋間石と呼ばれる溶結凝灰岩製の割石。

 
玄室の壁面全体がベンガラによって赤色塗彩されていて幻想的な雰囲気。同じ安中市の後閑3号墳と多くの共通点が認められるそうである。


奥から。石室は明治12年に発掘され、多くの遺物が出土した。


両袖型。平面形は短冊形。


羨道を奥から。入口に向かって上っているのが見て取れる。

(撮影 2015/07、2009/11)


 返信する