1月 052016
 

塚原古墳群(吉井町)は、鏑川に注ぐ矢田川の河口の東側(矢田川の右岸)に分布しています。遺跡地図には40基の記載がありますが残っているのは半分ほどです。古墳名は吉井町遺跡地図(吉井町教育委員会1995、基本的に上毛古墳綜覧の番号を使っている。旧吉井町の場合162号以上は綜覧記載ではあるが特定できないものや記載漏れに番号を当てたもの)をもとに現地で照合して推定したものです。*印は上毛古墳綜覧より引用。

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
吉井町第116号墳 *円墳 13.6m×11.6m×0.8m 池字塚原 吉井町遺跡地図
吉井町第126号墳 *円墳 不詳 池字塚原 石室の石が散在 吉井町遺跡地図
吉井町第129号墳 *円墳 11.2m×6.7m×1.2m 池字塚原 吉井町遺跡地図
吉井町第138号墳 *円墳 9.7m×9.3m×2.3m 池字塚原 吉井町遺跡地図

tukahara116

116号墳。

tukahara126

126号墳跡には祠が祭られていた。土台は石室材を利用したものか。

tukahara129

129号墳を西から。手前の細い道を入っていくと残りの良い群集墳にたどりつく。

tukahara130

138号墳。

(撮影 2015/01)

1月 052016
 

塚原古墳群(吉井町)は、鏑川に注ぐ矢田川の河口の東側(矢田川の右岸)に分布しています。遺跡地図には40基の記載がありますが残っているのは半分ほどです。古墳名は吉井町遺跡地図(吉井町教育委員会1995、基本的に上毛古墳綜覧の番号を使っている。旧吉井町の場合162号以上は綜覧記載ではあるが特定できないものや記載漏れに番号を当てたもの)をもとに現地で照合して推定したものです。*印は上毛古墳綜覧より引用。

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
Y138号墳 *円墳 9.7m×9.3m×2.3m 池字塚原 吉井町遺跡地図
Y147号墳 *円墳 11.8m×12.2m×2.3m 池字塚原 吉井町遺跡地図
Y162号墳 *円墳 16.7m×8.4m×2.5m 池字塚原 吉井町遺跡地図
Y163号墳 *円墳 9.6m×3.7m×1.2m 池字塚原 吉井町遺跡地図

tukahara138

138号墳。

tukahara147

147号墳。

tukahara162

162号墳。この西側には群中唯一の前方後円墳(二子塚古墳)があったが消滅した。

tukahara163

163号墳。

(撮影 2015/01)

1月 052016
 

塚原古墳群(吉井町)は、鏑川に注ぐ矢田川の河口の東側(矢田川の右岸)に分布しています。遺跡地図には40基の記載がありますが残っているのは半分ほどです。古墳名は吉井町遺跡地図(吉井町教育委員会1995、基本的に上毛古墳綜覧の番号を使っている。旧吉井町の場合162号以上は綜覧記載ではあるが特定できないものや記載漏れに番号を当てたもの)をもとに現地で照合して推定したものです。*印は上毛古墳綜覧より引用。

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
Y164号墳 *円墳 15.3m×13.7m×2.0m 池字塚原 吉井町遺跡地図
Y165号墳 *円墳 7.9m×7.7m×1.5m 池字塚原 吉井町遺跡地図
Y166号墳 *円墳 8.1m×9.1m×1.7m 池字塚原 吉井町遺跡地図

tukahara164_1

164号墳(右端)付近遠景。

tukahara164_2

164号墳。

tukahara165

165号墳。

tukahara166

166号墳。

(撮影 2015/01)

1月 052016
 

塚原古墳群(吉井町)は、鏑川に注ぐ矢田川の河口の東側(矢田川の右岸)に分布しています。遺跡地図には40基の記載がありますが残っているのは半分ほどです。古墳名は吉井町遺跡地図(吉井町教育委員会1995、基本的に上毛古墳綜覧の番号を使っている。旧吉井町の場合162号以上は綜覧記載ではあるが特定できないものや記載漏れに番号を当てたもの)をもとに現地で照合して推定したものです。*印は上毛古墳綜覧より引用。

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
Y168号墳 *円墳 13.8m×10.8m×3.5m 池字塚原 吉井町遺跡地図
Y170号墳 *円墳 8.4m×8.0m×1.3m 池字塚原 吉井町遺跡地図
Y171号墳 *円墳 11.5m×7.9m×1.1m 池字塚原 吉井町遺跡地図
Y172号墳 *円墳 15.2m×12.4m×2.1m 池字塚原 吉井町遺跡地図
Y174号墳 *円墳 6.2m×5.6m×1.4m 池字塚原 吉井町遺跡地図

tukahara168

168号墳を南から。この近辺には167~172号墳が密集しているので地図との照合が間違っているかも。

tukahara170

170号。

tukahara171

171号墳。右奥は172号墳。

tukahara172

172号墳。

tukahara174

174号墳。

(撮影 2015/01)

12月 252015
 

高木古墳群は、鏑川に注ぐ矢田川の河口の東側(矢田川の左岸)に分布しています。遺跡地図には7基の記載があります。古墳名は吉井町遺跡地図(吉井町教育委員会1995、基本的に上毛古墳綜覧の番号を使っている。旧吉井町の場合162号以上は綜覧記載ではあるが特定できないものや記載漏れに番号を当てたもの)をもとに現地で照合して推定したものです。*印は上毛古墳綜覧より引用。
【アクセス】★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■高崎市旧吉井町古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
吉井町第103号墳 *前方後円墳 16.2m×19.4m×1.0m 池字高木 古墳かどうか疑問 吉井町遺跡地図

takagi103_0

高木古墳群遠景。

takagi103_1

古い資料の上毛古墳綜覧では全長53mの前方後円墳としているが1995年の遺跡地図では古墳かどうか疑問としている。もし前方後円墳なら右が前方部、左奥の墓地が後円部か。

(撮影 2015/01)

12月 252015
 

高木古墳群は、鏑川に注ぐ矢田川の河口の東側(矢田川の左岸)に分布しています。遺跡地図には7基の記載があります。古墳名は吉井町遺跡地図(吉井町教育委員会1995、基本的に上毛古墳綜覧の番号を使っている。旧吉井町の場合162号以上は綜覧記載ではあるが特定できないものや記載漏れに番号を当てたもの)をもとに現地で照合して推定したものです。*印は上毛古墳綜覧より引用。

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
吉井町第104号墳 *円墳 8.0m×8.0m×2.0m 池字河原田 吉井町遺跡地図
吉井町第105号墳 *円墳 12.7m×12.5m×3.5m 池字河原田 *円筒 吉井町遺跡地図
吉井町第106号墳 *円墳 9.4m×9.4m×2.3m 池字河原田 吉井町遺跡地図

takagi104

104号墳。鏑川の低位段丘を見下ろす台地の縁にある。

takagi105

105号墳。背の高い墳丘が残っている。この辺りは以前は雑木林であったが伐採された。

takagi106

106号墳。105号の西側近くにある。

(撮影 20015/01)

12月 252015
 

高木古墳群は、鏑川に注ぐ矢田川の河口の東側(矢田川の左岸)に分布しています。遺跡地図には7基の記載があります。古墳名は吉井町遺跡地図(吉井町教育委員会1995、基本的に上毛古墳綜覧の番号を使っている。旧吉井町の場合162号以上は綜覧記載ではあるが特定できないものや記載漏れに番号を当てたもの)をもとに現地で照合して推定したものです。*印は上毛古墳綜覧より引用。

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
吉井町第107号墳 *円墳 5.0m×6.2m×1.5m 池字河原田 吉井町遺跡地図
吉井町第108号墳 *円墳 8.0m×8.8m×1.8m 池字河原田 吉井町遺跡地図
吉井町第109号墳 *円墳 5.0m×7.8m×8.0m 池字高木 吉井町遺跡地図

takagi107

107号墳。以前は樹木が茂っていたが伐採された。

takagi108

108号墳。

takagi109

109号墳。石室材らしき石が露出。吉井町遺跡地図の高さ8mというのは0.8mの誤記かと思う。(上毛古墳綜覧では高さ0.9m)

(撮影 2015/01)

12月 182015
 

下池古墳群は、多胡橋近くの鏑川右岸段丘上に分布しています。遺跡地図には15基の記載があります。古墳名は吉井町遺跡地図(吉井町教育委員会1995、基本的に上毛古墳綜覧の番号を使っている。旧吉井町の場合162号以上は綜覧記載ではあるが特定できないものや記載漏れに番号を当てたもの)をもとに現地で照合して推定したものです。*印は上毛古墳綜覧より引用。
【アクセス】★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■高崎市旧吉井町古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
吉井町第95号墳 *円墳 9.5m×8.8m×1.2m 池字中井 吉井町遺跡地図
伊勢森古墳(吉井町第96号墳) *円墳 16.5m×13.2m×1.0m 池字伊勢森 吉井町遺跡地図
吉井町第96号墳 *円墳 10.6m×2.5m×1.3m 池字宮ノ西 マウンド1/2残存 吉井町遺跡地図

simo95_1

95号。

simo96_1

96号墳(伊勢森古墳)。

simo98_1

98号。低い墳丘が土塁状に残る。

(撮影 2015/01)

12月 182015
 

下池古墳群は、多胡橋近くの鏑川右岸段丘上に分布しています。遺跡地図には15基の記載があります。古墳名は吉井町遺跡地図(吉井町教育委員会1995、基本的に上毛古墳綜覧の番号を使っている。旧吉井町の場合162号以上は綜覧記載ではあるが特定できないものや記載漏れに番号を当てたもの)をもとに現地で照合して推定したものです。*印は上毛古墳綜覧より引用。

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
吉井町第99号墳 *円墳 4.0m×4.1m×0.8m 池字宮ノ西 吉井町遺跡地図
吉井町第100-1号墳 *円墳 9.8m×4.5m×1.4m 池字宮ノ西 吉井町遺跡地図
吉井町第100-2号墳 *円墳 7.1m×3.4m×1.3m 池字宮ノ西 吉井町遺跡地図
吉井町第101号墳 *円墳 9.7m×7.8m×2.5m 池字宮ノ裏 吉井町遺跡地図

simo99_1

99号墳。

simo100_1

100-1号墳。遺跡地図によると、マウンド1/2が残存、石室の石材が散在としている。

simo100_2

100-2号墳。

simo101_1

101号。墓地となっている。

(撮影 2015/01)

12月 182015
 

下池古墳群は、多胡橋近くの鏑川右岸段丘上に分布しています。遺跡地図には15基の記載があります。古墳名は吉井町遺跡地図(吉井町教育委員会1995、基本的に上毛古墳綜覧の番号を使っている。旧吉井町の場合162号以上は綜覧記載ではあるが特定できないものや記載漏れに番号を当てたもの)をもとに現地で照合して推定したものです。*印は上毛古墳綜覧より引用。

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
Y176号墳 4.6m×4.2m×8.0m 池字宮裏甲 吉井町遺跡地図
Y177号墳 12.8m×12.4m×2.0m 池字宮裏甲 吉井町遺跡地図
Y178号墳 8.2m×6.5m×1.5m 池字宮裏 吉井町遺跡地図

simo176_1

176号を北から。遺跡地図の高さ8.0mはおそらく0.8mの誤り。

simo177_1

177号を南から。101号のすぐ隣にある。墓地として利用されている。

simo178

178号を西から。小さな礫が多く見られる。

(撮影 2004/10)