8月 072015
 

茶臼山古墳群は、八丁湖西方の丘陵尾根上に分布しています。2基からなります。
【アクセス】★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■吉見町古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
茶臼山古墳 方墳 一辺28m、高さ5m 黒岩 丘陵 埼玉の古墳(比企)

tyausu1

南から。比較的大型の2段築成の方墳。出土遺物などは知られていない。埼玉の古墳では「久米田古墳群のかぶと塚古墳に後続して築造された吉見丘陵最後の古墳で、7世紀中葉の築造と考えられる。」としている。

tyausu2

墳頂は盗掘のためか大きく抉られている。未整備の山中なので見学は困難。

(撮影 2015/04)

8月 072015
 

山の上古墳群は、和名沼の南400mほどの尾根先端付近に分布しています。3基からなります。
【アクセス】★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■吉見町古墳地図■

古墳名 墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
山の上2号墳 方墳 28m×26.2m 久米田 丘陵 埼玉の古墳(比企)

 yamano2

2号墳。前方後方墳である山の根古墳の北東近くにある方墳。裾に古い墓石が立ち並ぶ。

yamano3

3号墳か?2号墳北西の民家内のマウンドであるが、これが3号か自信なし。

(撮影 2015/04)

8月 072015
 

本古墳は、武蔵丘短大東方の市野川左岸丘陵上にあります。
【アクセス】
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■吉見町古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
羽黒古墳 円墳 径約21m、高さ約2m 南吉見 丘陵 埼玉の古墳(比企)

haguroyama

東から。羽黒神社東方の市野川を見下ろす尾根上に単独で存在する。 未調査で詳細不明。状態は良さそうだが薮だらけで冬季以外の観察は難しいと思う。

(撮影 2015/04)

8月 072015
 

本古墳は、武蔵丘短大北東の台地上にあります。
【アクセス】
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■吉見町古墳地図■

古墳名 墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
稲荷塚古墳 円墳 不詳 北吉見 台地埼玉県古墳詳細分布調査報告書

 yosimiinari

民家脇の畑に残る円墳。詳細不明。

(撮影 2015/04)

7月 312015
 

真里谷古墳群は、馬来田小学校南東の小櫃川右岸丘陵上に分布しています。28基(うち前方後円墳3基)からなります。
【アクセス】★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■木更津市古墳地図■

古墳名 墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
真里谷1号墳 円墳  径15m、高さ2m 真里谷 丘陵 スコ山塚に改変 木更津市文化財調査集報10

古い資料である木更津市埋蔵文化財分布調査報告書と近年の木更津市文化財調査集報10では古墳の数や規模が微妙に異なりますが、ここではより新しい木更津市文化財調査集報10から引用します。

 mari0_2

(古墳坂口にある案内図に加筆)真里谷古墳群のある丘陵は、一部であるが宇麻具多の山の学校コースとして遊歩道が整備されている。以前は古墳坂口から入り、古墳の森から13号墳東を抜け貝殻坂口からの道と合流し、出花展望台へ行くコースであったが、訪れたときはその道(古墳の森から先)は閉鎖(実際に通行はほぼ不可能)されていた。13号や秋葉神社へ行くには貝殻坂口から登り直したほうがよい。なお27号と28号へアプローチする道は無い。

mari01_1

古墳坂口から入りすぐのところにある1号墳。以前は「真里谷1号墳」と記された標柱が立っていたようであるが無くなっていた。

mari01_2

塚(スコ山塚)として改変され、墳頂にはえんま大王の画かれた石碑が祀られている。

hira1

平柳1号塚。スコ山塚の近く。

hira2

平柳2号塚。真里谷2号墳のすぐ近くにある。この他にも真里谷古墳群の分布域にはいくつか中近世塚があるようだ。

(撮影 2015/02)

7月 312015
 

真里谷古墳群は、馬来田小学校南東の小櫃川右岸丘陵上に分布しています。28基(うち前方後円墳3基)からなります。
【アクセス】★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■木更津市古墳地図■

古墳名 墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
真里谷13号墳 前方後円墳 全長65.0m、墳長62.0m、後円部径44.0m、同高5~6m、前方部幅27.0m、同長さ22.5m、同高3~3.5m 真里谷 丘陵 甕形土器・鉢形土器 木更津市文化財調査集報10

 mari13_1

西から。左が後円部、右奥が前方部。小櫃川を見下ろす尾根上に築かれている。以前はハイキングコースの一部だったようでベンチなどが設えてあるが、現在ではあまり訪れる人はいないかも。近年発掘調査が行われ、墳形や土器などから4世紀後半の築造と推定されている。

mari13_2

前方部から後円部。

mari13_3

後円部から前方部。未発達な形状。

mari13_4

西麓から登山道に入る貝殻坂口。13号墳を見学するにはここから入ったほうがよい。

(撮影 2015/02)

7月 312015
 

真里谷古墳群は、馬来田小学校南東の小櫃川右岸丘陵上に分布しています。28基(うち前方後円墳3基)からなります。
【アクセス】★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■木更津市古墳地図■

古墳名 墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
真里谷2号墳 円墳 径15m、高さ2m 真里谷 丘陵 木更津市文化財調査集報
真里谷3号墳 円墳 径15m、高さ1m 真里谷 丘陵 
真里谷4号墳 円墳 径15m、高さ1m 真里谷 丘陵 
真里谷5号墳 円墳 径10m、高さ1m 真里谷 丘陵

 mari02

2号墳。古墳坂口からハイキングコースに入り、えんま大王のある塚(1号墳?)を通り過ぎると、右側尾根上に2~7号墳が並んでいる。

mari03

3号墳。古墳名が記された標柱が設けられているが見学しやすいのは6・7号墳のみ。

mari04

4号墳

mari05

5号墳

(撮影 2015/02)

7月 312015
 

真里谷古墳群は、馬来田小学校南東の小櫃川右岸丘陵上に分布しています。29基(うち前方後円墳3基)からなります。
【アクセス】★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■木更津市古墳地図■

古墳名 墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
真里谷6号墳 円墳 径15m、高さ2m 真里谷 丘陵 木更津市文化財調査集報10
真里谷7号墳 円墳 径15m、高さ2m 真里谷 丘陵 
真里谷8号墳 円墳 径10m、高さ1.5m 真里谷 丘陵 
真里谷9号墳 円墳 径10m、高さ1m 真里谷 丘陵 
真里谷10号墳 円墳 径10m、高さ1m 真里谷 丘陵

 mari06

6号墳。これと7号墳は下草が刈られ見学しやすい。

mari07

7号墳。遊歩道はこの先東麓へ降りてしまう。以前は13号東側の谷を抜けるルートであったが整備が追いつかないようで通り抜けできない状態であった。

mari08

8号墳。7号墳から先の尾根伝いに何基か見られた。

mari09

9号墳

mari10

10号墳?。

(撮影 2015/02)

7月 242015
 

真里谷古墳群は、馬来田小学校南東の小櫃川右岸丘陵上に分布しています。29基(うち前方後円墳3基)からなります。

【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■木更津市古墳地図■

古墳名 墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
真里谷14~26号墳 円墳 径15~20m 真里谷 丘陵 木更津市文化財調査集報10

 mari16

17号墳。13号墳南南西の小櫃川を見下ろす尾根上にも多くの古墳が現存している。

mari18

19号墳。木更津市文化財調査集報10の分布図は何基か現状と合っていないと思う。(特に14、15、26号墳)古い資料である木更津市埋蔵文化財分布調査報告書の分布図の方が現状とよく合っている。

mari19

20号墳。尾根上に細い林道があるので道路からであれば見学は難しくない。

mari20

18号墳。

mari21

 18号南側の1基。木更津市埋蔵文化財分布調査報告書にはマークがあるが、木更津市文化財調査集報10には無い。

(撮影 2015/02)

7月 242015
 

真里谷古墳群は、馬来田小学校南東の小櫃川右岸丘陵上に分布しています。29基(うち前方後円墳3基)からなります。

【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■木更津市古墳地図■

古墳名 墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
真里谷14~26号墳 円墳 径15~20m 真里谷 丘陵 木更津市文化財調査集報10

mari22

24号墳。出花展望台西方の一群。

mari23

25号墳。

mari24

23号墳か?この先西へ伸びる小さな尾根上にも何基かあるはずだが薮でとても踏み込めなかった。

(撮影 2015/02)