12月 182015
 

下池古墳群は、多胡橋近くの鏑川右岸段丘上に分布しています。遺跡地図には15基の記載があります。古墳名は吉井町遺跡地図(吉井町教育委員会1995、基本的に上毛古墳綜覧の番号を使っている。旧吉井町の場合162号以上は綜覧記載ではあるが特定できないものや記載漏れに番号を当てたもの)をもとに現地で照合して推定したものです。*印は上毛古墳綜覧より引用。

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
Y180号墳 6.5m×4.8m×1.5m 池字宮裏甲 吉井町遺跡地図
Y181号墳 14.6m×5.5m×1.1m 池字伊勢森 吉井町遺跡地図

 

simo180

180号を北から。

simo181

181号を南から。土塁状に残る。

(撮影 2015/01)

12月 112015
 

本郷古墳群(吉井町)は、鏑川に注ぐ大沢川の河口の西側に分布しています。遺跡地図には19基の記載がありますが6基が現存するのみのようです。古墳名は吉井町遺跡地図(吉井町教育委員会1995、基本的に上毛古墳綜覧の番号を使っている。旧吉井町の場合162号以上は綜覧記載ではあるが特定できないものや記載漏れに番号を当てたもの)をもとに現地で照合して推定したものです。*印は上毛古墳綜覧より引用。
【アクセス】★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■高崎市旧吉井町古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用

吉井町第79号墳 *円墳 8.0m×6.1m×2.0m 本郷字東原 *鏡、鈴 吉井町遺跡地図

hongo79_1

南から。

hongo79_2

小さな石室が開口している。

hongo79_3

河原石使用の側壁。幅は狭く1mもない。吉井町誌にも遺跡地図にも石室の記載がなく詳細は不明。

hongo79_4

(撮影 2015/01)

12月 112015
 

本郷古墳群(吉井町)は、鏑川に注ぐ大沢川の河口の西側に分布しています。遺跡地図には19基の記載がありますが6基が現存するのみのようです。古墳名は吉井町遺跡地図(吉井町教育委員会1995、基本的に上毛古墳綜覧の番号を使っている。旧吉井町の場合162号以上は綜覧記載ではあるが特定できないものや記載漏れに番号を当てたもの)をもとに現地で照合して推定したものです。*印は上毛古墳綜覧より引用。

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用

吉井町第78号墳 *円墳 13.0m×9.0m×2.0m 本郷字東原 吉井町遺跡地図

 

hongo78

裾はかなり削られているよう。。

(撮影 2004/10、2015/01)

12月 112015
 

本郷古墳群(吉井町)は、鏑川に注ぐ大沢川の河口の西側に分布しています。遺跡地図には19基の記載がありますが6基が現存するのみのようです。古墳名は吉井町遺跡地図(吉井町教育委員会1995、基本的に上毛古墳綜覧の番号を使っている。旧吉井町の場合162号以上は綜覧記載ではあるが特定できないものや記載漏れに番号を当てたもの)をもとに現地で照合して推定したものです。*印は上毛古墳綜覧より引用。

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用

金毘羅塚古墳(吉井町第76号墳) *円墳 6.0m×5.0m×1.0m 本郷字東原 *金環、小玉、銅器 吉井町遺跡地図

hongo76_1

西から。河原石が多く見られる。奥は鏑川。

hongo76_2

墳丘上。中央奥に石室の奥壁と思われる巨石が見える。

(撮影 2015/01)

12月 112015
 

本郷古墳群(吉井町)は、鏑川に注ぐ大沢川の河口の西側に分布しています。遺跡地図には19基の記載がありますが6基が現存するのみのようです。古墳名は吉井町遺跡地図(吉井町教育委員会1995、基本的に上毛古墳綜覧の番号を使っている。旧吉井町の場合162号以上は綜覧記載ではあるが特定できないものや記載漏れに番号を当てたもの)をもとに現地で照合して推定したものです。*印は上毛古墳綜覧より引用。

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用

御伊勢塚古墳(吉井町第75号墳) *円墳 20.3m×25.0m×3.0m 本郷字東原 吉井町遺跡地図

hongo75

北西から。群の東端にある群中最大規模の円墳。

(撮影 2015/01)

12月 082015
 

本郷古墳群(吉井町)は、鏑川に注ぐ大沢川の河口の西側に分布しています。遺跡地図には19基の記載がありますが6基が現存するのみのようです。古墳名は吉井町遺跡地図(吉井町教育委員会1995、基本的に上毛古墳綜覧の番号を使っている。旧吉井町の場合162号以上は綜覧記載ではあるが特定できないものや記載漏れに番号を当てたもの)をもとに現地で照合して推定したものです。*印は上毛古墳綜覧より引用。
【アクセス】★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■高崎市旧吉井町古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用

丸木山古墳(吉井町第86号墳) *円墳 19.0m×20.0m×3.5m 本郷字石橋 吉井町遺跡地図

hongo86

南西から。群の西端ある。所有者によりよく手入れされているようだ。

hongo86_2

南東から。墳頂に祠を祀る。

(撮影 2015/01)

12月 082015
 

本郷古墳群(吉井町)は、鏑川に注ぐ大沢川の河口の西側に分布しています。遺跡地図には19基の記載がありますが6基が現存するのみのようです。古墳名は吉井町遺跡地図(吉井町教育委員会1995、基本的に上毛古墳綜覧の番号を使っている。旧吉井町の場合162号以上は綜覧記載ではあるが特定できないものや記載漏れに番号を当てたもの)をもとに現地で照合して推定したものです。*印は上毛古墳綜覧より引用。

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
吉井町第80号墳 *円墳 7.5m×6.5m」×2.0m 本郷字石橋 吉井町遺跡地図
吉井町第81号墳 *円墳 *径8.8m、高さ2.1m 本郷字石橋 吉井町遺跡地図
吉井町第82号墳 *円墳 9.0m×10.5m×3.0m 本郷字石橋 吉井町遺跡地図
吉井町第83号墳 *円墳 *径18.2m、高さ2.4m 本郷字石橋 吉井町遺跡地図

hongo80

80号墳。

hongo81

81号墳。遺跡地図では消滅扱いだがしっかりと残っていた。10年前に訪れたときは80号墳のように石礫が多く見られたが最近芝が貼られたようだ。

hongo82

82号墳を東から。遺跡地図の位置より若干東よりにある。墳丘上に庚申塔があり、綜覧にも「庚申塔アリ」とあるので82号と推定。

hongo83

83号墳か?遺跡地図では「全く残っていない」としているが墳丘が残っているように見える。綜覧記載の規模とも合うようだ。

(撮影 2015/01)

12月 042015
 

小棚古墳群は、鏑川に注ぐ天引川の河口の両側に分布しています。遺跡地図には9基の記載があります。古墳名は吉井町遺跡地図(吉井町教育委員会1995、基本的に上毛古墳綜覧の番号を使っている。旧吉井町の場合162号以上は綜覧記載ではあるが特定できないものや記載漏れに番号を当てたもの)をもとに現地で照合して推定したものです。*印は上毛古墳綜覧より引用。

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
吉井町第55号墳 *円墳 *径27.3m、高さ4.2m 片山字北裏 *庚申ヲ祀ル(埴輪、盾、馬具、円筒) 吉井町遺跡地図
吉井町第57号墳 *円墳 14.0m×10.5m×4.0m 片山字塚田 *石槨開口ス(埴輪、円筒) 吉井町遺跡地図
吉井町第60号墳 *円墳 5.0m×5.8m×1.8m 片山字塚田  吉井町遺跡地図
吉井町第61号墳 *円墳 11.0m×6.5m×2.5m 片山字塚田 *石槨開口ス(勾玉) 吉井町遺跡地図

kodana55

55号墳を南から。遺跡地図では消滅扱いだが墳丘が残っているように見える。

kodana57

57号墳を北から。民家裏にある。(2004年)

kodana60

60号墳を南東から。

kodana61_1

61号墳。

kodana61_2

横穴式石室が露出。内部は土砂で埋まり観察できなかった。

(撮影 2004/10、2015/01)

12月 042015
 

北原古墳群(塩川古墳群)は、鏑川に注ぐ大沢川の河口の東側に分布しています。遺跡地図には8基の記載がありますが2,3基が現存するのみのようです。古墳名は吉井町遺跡地図(吉井町教育委員会1995、基本的に上毛古墳綜覧の番号を使っている。旧吉井町の場合162号以上は綜覧記載ではあるが特定できないものや記載漏れに番号を当てたもの)をもとに現地で照合して推定したものです。*印は上毛古墳綜覧より引用。

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
吉井町第89号墳 *円墳 11.0m×14.0m×1.0m 塩川字上北原 吉井町遺跡地図
吉井町第90号墳 前方後円墳 約40m 塩川字上北原 埴輪 吉井町遺跡地図
吉井町第93号墳 *円墳 全く残っていない 塩川字上北原 吉井町遺跡地図
吉井町第94号墳 *円墳 4.2m×6.0m×1.4m 塩川字下北原 吉井町遺跡地図
Y184号墳 *円墳 6.3m×4.0m×5.0m 塩川字上北原 吉井町遺跡地図

kitahara89

89号墳を南西から。この群の中では良好な墳丘が残る。

kitahara90

90号墳推定値。昭和46年に調査され埴輪を有する全長約40mの前方後円墳とされている。現在は宅地となり全く残っていない。

kitahara93

93号墳推定地のすぐ近くにある石。石室材のように見えるのだがどうだろうか。

kitahara94

94号墳を南から。89号の西側近くにある。

kitahara184

Y184号墳。94号の西側近くにある。高さ5.0mは0.5mの誤記だろう。

(撮影 2015/01)

12月 032015
 

長沖古墳群は、小山川(身馴川)北岸で県道秩父児玉線・長瀞児玉線周辺台地上に分布しています。前方後円墳6基を含む205基(2014年時)から成る大群集墳で、5世紀中葉から7世紀後半にかけて築造されたものと推定されています。

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用

長沖203号墳 円墳 復元径約19~20m 長沖 丘陵・山林・墓地 葺石・円筒埴輪・朝顔形埴輪・形象埴輪・横穴式石室・人骨・武器類・耳環・玉類 長沖古墳群XV(2015)

 naga203_1

群の東端にあり2013年に発掘調査が行われた。以前は前方後円墳とされていた31号墳の前方部とみられていたが、調査の結果やや楕円形の円墳と判明。基壇が巡り葺石(写真手前)がj施されている。奥の石積みは横穴式石室の控え積。墳丘から埴輪片を多く検出。6世紀後半の築造と推定されている。(本墳は調査後消滅しています。)

naga203_2

主体部はやや南東向きに開口する河原石積みの両袖型横穴式石室。控え積みを含む推定全長は8.30m。羨道部推定長2.60m、幅0.9m、高さ0.9~0.95m。側壁は片岩系の河原石を用いた模様積み。天井石は緑泥片岩。

naga203_3

玄室。玄室長4.00m、奥幅2.00m、中央幅2.10m、玄門側1.66m。奥壁・側壁は片岩系の河原石を用いた模様積みで上部は破壊されている。天井石は緑泥片岩で、玄室に落ち込んでいたり抜き取られたりしていた。プランは長方形に近い。すでに盗掘を受けており大形の副送品は残っていなかった。出土した副送品の多くは7世紀前半頃の追葬によるものとみられている。

naga203_4

奥から。玄門は板状の緑泥片岩を立てて門柱石にしている。

調査報告書刊行までブログ等で公開しない約束で写真を撮らせていただきました。ありがとうございました。無事に刊行されたので報告書を引用しアップしました。

(撮影 2013/07)