11月 302015
 

本古墳は、鰭ヶ崎駅の北200mほどの台地上にあります。本古墳は区画整理事業のため取り壊されることとなり、平成27年に発掘調査が行われ現地説明会が開催されました。
【アクセス】★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■流山市古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
鰭ヶ崎三本松古墳 前方後円墳 推定復元墳丘長約40m、現存墳丘長25m、後円部径17m、同高2.5m、前方部幅8m 鰭ヶ崎 台地 円筒埴輪・人物埴輪・馬形埴輪 現地説明会資料・現地案内板

hire10

左が後円部、右が前方部。以前は雑木林に覆われた稲荷神社だった伐採されその形状がよくみてとれるようになった。市街地を一望する台地上に築かれたのがよくわかる。6世紀後半の築造と推定されている。この近辺で知られている首長墓は少なく、前方後円墳となると北側約8kmに東深井9号墳、南側約10kmに明戸古墳・法皇塚古墳くらいしかない。

hire11

西から前方部。今回の調査では、中近世に墳丘や周溝がかなり壊されていること、円筒埴輪・人物埴輪・馬形埴輪(6世紀後半ごろ)の出土、推定墳丘長が約40mであることなどが判明。

同じアングルから2009年の様子。

hire12

後円部墳頂。埋葬施設はまだ発見されていないが、レーダー探査で墳頂下に何かあるのがわかった。時期的には横穴式石室でおかしくないが、その可能性は低いとのこと。石材が乏しい地域なので竪穴系で石棺か。

2009年の墳頂。江戸期の古塚碑が建立されている。詳しくは本ページ最下段参照。

hire13

後円部から前方部。

hire14

以前に出土した人物埴輪で小学校に保管されていたもの。

hire15

円筒埴輪

hire16

馬形埴輪。左が尻の部分。

hire18

西から遠景。

同じアングルから2009年の様子。

hire17

鰭ヶ崎駅からの遠望。昭和30年代の無計画な土取りで古墳ぎりぎり(というより周溝は破壊されました)が崖面となっている。このせいで保存が不可能となってしまった。調査後は消滅してしまうとのこと。墳頂の石碑に書いてあるように江戸期から大切にされてきた古墳。こんなことになって本当に残念。

古塚碑。江戸期の古墳に係わる様子が記されている。下記説明板参照。

(撮影 2009/10、2015/11)

11月 272015
 

二軒茶屋古墳は、安中榛名駅の南西1.2kmほどの、秋間川を見下ろす丘陵上に築かれています。
【アクセス】JR安中駅から徒歩・自転車7.2km、駐車場無し、見学自由? ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■安中市古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用

二軒茶屋古墳 円墳 約15m 西上秋間上原 丘陵 直刀、壷、石棒、横穴式石室 安中市史・まいぶん群馬HP

niken20

丘陵上の集落の中ほどにある。墳丘上に稲荷社。隣家に声をかけ見学した。横穴式石室を持ち7世紀第3四半期の築造と推定されている。

niken21

南東向きに開口する横穴式石室。

niken22

羨道部。凝灰岩を使用。羨道の長さ3.9メートル、羨門幅0.9メートル、玄門付近の幅1.1メートルである。

niken26

羨道部を奥から外。

niken23

奥壁、天井石は巨石使用。側壁は凝灰岩の截石。玄室の長さ3.6メートル、奥幅2.5メートル、袖幅2.1メートル、高さ約2.35メートル。

niken24

両袖式。玄門は截石切組積。秋間川沿いに点在する二軒茶屋古墳、磯貝塚古墳、万福原古墳は全体に似たようなつくりの石室を持つが他の2古墳と比べると側壁の石が大ぶり。

niken25

斜め奥から。

(撮影 2003/11、2015/01)

11月 262015
 

雷電塚古墳群は、住吉中学校の北東800mほどのところに分布しています。
【アクセス】★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■坂戸市古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
雷電塚1号墳(雷電塚古墳) 前方後円墳 墳長47m、後円部径25.5m、高さ3.8m 小沼字田島 台地・山林 円筒埴輪・朝顔形埴輪・須恵器・周堀確認 埼玉県古墳詳細分布調査報告書・現地案内板

raiden1_1

西から。左が後円部、右奥が前方部。雷電塚古墳群の主墳で6世紀中頃の築造と推定されている。

raiden1_2

東から。右が後円部、左が前方部。2003年に訪れたときは雑木林に覆われていた。

raiden1_3

前方部から後円部。これまでの近隣に調査で現存古墳の他に円墳10基の周溝が確認されている。

raiden1_4

後円部から前方部。右奥の林が稲荷塚古墳(2号墳)。

raiden1_5

raiden1_6

(撮影 2014/12)

11月 212015
 

浅羽野古墳群は、高麗川東側の台地上で関越自動車道の付近に分布しています。
【アクセス】東武線坂戸駅から徒歩・自転車1.6km、神社駐車場有、見学自由★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■坂戸市古墳地図■

墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用

円墳 50m 浅羽字宮裏 台地・神社境内 横穴式石室(開口) 埼玉県古墳詳細分布調査報告書

tutiya1

南から。中央の神木スギは樹齢千余年といわれる巨木(県指定天然記念物)。

tutiya2

北から。円墳としてはかなり大きな部類。主体部は凝灰岩切石積の横穴式石室で7世紀前半の築造と推定されている。

tutiya3

墳丘上の社殿。

 tutiya4

 

社殿裏にある石室入口。石室内にはご神像が祀られているが非公開で見学はできないとのことであった。

(撮影 2003/04、2014/12)

11月 212015
 

浅羽野古墳群は、高麗川東側の台地上で関越自動車道の付近に分布しています。
【アクセス】★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■坂戸市古墳地図■

墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用

円墳 20m 浅羽字浅羽中村 台地・山林 横穴式石室(開口) 埼玉県古墳詳細分布調査報告書

asabano2_1

東から。坂戸駅から徒歩・自転車600mほど北東の線路沿い。稲荷社となっている。

asabano2_2

南西から。

asabano2_0

2003年に訪れたときは樹木に覆われていた。

(撮影 2003/04、2014/12)

11月 202015
 

新町古墳群は、市民総合運動公園南側の台地上に分布しています。
【アクセス】★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■坂戸市古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
新町1号墳(胴山古墳) 前方後円墳 63.2m 石井字新田 台地・山林 埴輪、横穴式石室、周堀確認 埼玉の古墳

doyama1

北から。左が後円部、右が前方部。坂戸市最大の古墳で埴輪片が採集されており6世紀後半の築造と推定されている。

doyama2

北西から。手前が前方部。

doyama3

後円部から前方部。現状では前方部・後円部はほとんど同じ高さ。

doyama4

前方部から後円部。

doyama5

2014年に訪れたときこの説明板は無かった。

(撮影 2003/04、2014/12)

11月 182015
 

仁良川古墳群は、南河内図書館南方の田川右岸台地上に分布しています。円墳6基からなります。
【アクセス】★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■下野市古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
仁良川1号墳 円墳 径18.2m、高さ3.4m 仁良川 南河内町遺跡分布調査報告書

 nira1_1

1号墳。群の北端に位置し区画整理で残された畑の中に現存。群中では最大規模。

nira1_2

墳頂に祠を祀る。

nira6

6号墳か?仁良川交差点の東方にある。これと1号の間に2~5号墳(いずれも小円墳)も現存するはずだが猛烈な竹藪内のため確認できなかった。

(撮影 2015/10)

11月 132015
 

西高椅古墳群は、鬼怒川の西岸でやすらぎの森からその南方にかけて分布しています。中期か後期の古墳が非常に密集して築かれています。平成27年度の調査では24基が確認され合計74基となりました。10月に現地説明会が開催されました。
【アクセス】★地図★ 
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■小山市古墳地図■

古墳名 墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
西高椅SZ-78 墳丘無し 梁 台地 竪穴式石室 現地説明会資料

taka_s781

SZ-78。古墳と古墳の隙間にある無墳丘の竪穴式石室。胴張りで後期の築造と推定されている。

taka_s782

この群では同様の竪穴式石室が多くみられる。

taka_s80

SZ-80

taka111_1

SZ-111。幅が狭い。

taka111_2

taka_s99

古墳と古墳の隙間にある無墳丘の土坑墓。同様な土坑墓が何例か発見されている。

(撮影 2015/10)

11月 132015
 

西高椅古墳群は、鬼怒川の西岸でやすらぎの森からその南方にかけて分布しています。中期か後期の古墳が非常に密集して築かれています。平成27年度の調査では24基が確認され合計74基となりました。10月に現地説明会が開催されました。
【アクセス】★地図★ 
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■小山市古墳地図■

古墳名 墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
西高椅74号墳 円墳 径 32m 梁 台地 埴輪・土師器・須恵器 現地説明会資料

taka74_1

右が74号墳。左が72号墳。

taka74_2

群中。円墳としては最大級の規模で中期の築造と推定されている。

taka74_3

出土した円筒埴輪。小型なもので樹立数も少なかったようだ。

taka74_4

須恵器

taka74_5

土師器

taka74_6

(撮影 2015/10)

11月 102015
 

西高椅古墳群は、鬼怒川の西岸でやすらぎの森からその南方にかけて分布しています。中期か後期の古墳が非常に密集して築かれています。平成27年度の調査では24基が確認され合計74基となりました。10月に現地説明会が開催されました。
【アクセス】★地図★ 
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■小山市古墳地図■

古墳名 墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
西高椅72号墳 円墳 梁 台地 現地説明会資料
西高椅73号墳 円墳 径13m 梁 台地 横穴式石室 現地説明会資料

taka72_1

72号墳。左の74号墳と周溝を接するように築かれている。この群の古墳はほとんどこのような状況。

taka73_1

73号墳。後期の築造。

taka73_2

主体部は横穴式石室。右上の礫敷き土坑墓(中期)が元々あったところに円墳を築いたものと思われる。

taka73_3

石材はほとんど残っていない。右が入口か。

(撮影 2015/10)