9月 192014
 

江浦横穴群は、マリンピア沼津北東の丘陵斜面に分布しています。
【アクセス】伊豆箱根鉄道駿韮山駅から徒歩・自転車5.5km、駐車スペース有、見学自由 ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■沼津市古墳地図■

古墳名 墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
江浦横穴群 横穴墓 江浦 丘陵 須恵器・直刀・人骨 現地案内板

eno1

92基からなる横穴墓群で6~8世紀の築造と推定されている。4地区に分かれ、その内もっとも数の多いA地区が県の指定を受けて保存されている。遊歩道が設けられているが、あまり整備されていないので落ち葉などで滑りやすい。

eno2

棺座などの付属設備は無い単純な構造のものがほとんど。

eno3

eno4

A地区西側斜面の横穴墓。

eno5

1基だけ棺台らきしものが見られた。

eno6

eno7

eno8

(撮影 2014/01)

9月 192014
 

江浦古墳群は、マリンピア沼津北東の丘陵斜面に分布しています。

古墳名 墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
江浦古墳群 円墳 不詳 江浦 丘陵 横穴式石室 現地案内板

enoko1_1

江浦横穴群分布域のさらに北側丘陵斜面に分布する4基の小円墳からなる古墳群。今回は3基確認できた。物凄い薮を掻き分け無いと到達できず、古墳仲間のoobuta氏の案内がなければとても辿り付けなかった。

enoko1_2

一番南側の1基。横穴式石室が露呈。天井石は奥の一枚を残すのみ。

enoko2_1

2番目の円墳。崩壊した横穴式石室が露呈。

enoko3_1

3番目の円墳。横穴式石室の天井石が露呈。内部はほとんど土砂で埋まっていた。

enoko3_2

一番奥の部分だけ覗き込めた。

(撮影 2014/01)

9月 192014
 

本石棺は、下香貫の妙蓮寺境内にあります。
【アクセス】★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■沼津市古墳地図■

古墳名 墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
下香貫古墳群(宮原古墳群) 不詳 不明 下香貫 現地案内板・沼津市HP

myouren1

近くの楊原神社付近で発掘(現地案内板では下香貫古墳群、市HPでは宮原古墳群と呼称)され、楊原小学校に保管されていたが現在は妙蓮寺墓地に安置されている。

myouren2

刳り貫き式の石棺で蓋は家形に近い。側と底を一石から刳り貫き前後は別の石を当てたものと考えられている。蓋も本来は2石らしい。

myouren3

(撮影 2014/01)

9月 192014
 

本石棺は、下香貫の塩満寺境内にあります。
【アクセス】★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■沼津市古墳地図■

古墳名 墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
不詳 沼津市HP

enman1

塩満寺本堂の脇にある。沼津市HPによれば石棺の蓋石であるが詳細不明。

enman2

おそらく近在の古墳から出土したものと思われる。

(撮影 2014/01)

9月 192014
 

丸塚古墳群は、井田漁港北東の丘陵斜面に分布しています。
【アクセス】★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■沼津市古墳地図■

古墳名 墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
丸塚古墳群 円墳 不詳 井田 丘陵 長頸壺・横瓶・玉類 現地案内板

maru1

4基からなる古墳群で古墳時代後期の築造と推定されている。道路沿いに案内板があり、そこから数十メートル山林に入ったところにある。今回は3基しか見つからなかった。

maru2

いずれも石室材と思われる石が露呈している。

maru3

maru4

maru9

(撮影 2014/01)

9月 122014
 

機神山古墳群は、渡良瀬川北岸の丘陵に築かれています。南麓に織姫神社、丘陵上は織姫公園として整備されています。
【アクセス】★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■足利市古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用

行基平山頂古墳 前方後円墳 全長約43m、後円部径約31m、高さ約7.6m 本城3丁目 丘陵 埴輪(人物・円筒・朝顔形) 現地説明会資料及びしもつけ風土記の丘資料館第27回春季特別展資料(2014)


西から。機神山山頂古墳の北東近くの尾根上に築かれた前方後円墳で、左が後円部、右が前方部。機神山山頂古墳に先行する5~6世紀の築造と推定されている。(以下2014年追記)平成24年度に発掘調査が行われ、全長約43mで2段築成の前方後円墳であることが判明した。後円部のテラス面からは埴輪列(円筒埴輪・朝顔形)が出土。中世の骨壷・板碑も出土し後世も墓地として利用されていた。


南から前方部。(調査前)

2014年9月、現地説明会が開催された。今回の調査で全長が43mであること、6世紀第一四半期築造であることなどが判明。現説時点では主体部はまだ発見されていない。

 
前方部前端には形象埴輪群を並べたテラス状の突起があり、7固体の人物埴輪の他馬形埴輪や水鳥埴輪などが出土。

中段テラス面には密な間隔で円筒埴輪列が検出された。朝顔形埴輪も1基確認されている。

女子人物埴輪。彩色されているのがわかる。

人面付き円筒埴輪。形象埴輪群の前面から出土。盾持ち人埴輪のように古墳を守護するものかもしれないとのこと。

 水鳥の他、ミニチュアの人物・胡ろく・琴など。どんな形に復元されるのか楽しみ。

東側の括れ部付近から出土した須恵器。

円筒埴輪。

(撮影 2010/11、2014/09)

9月 122014
 

本古墳は、沼津斎場北側近くの公園に移築復元されました。
【アクセス】JR沼津駅から徒歩・自転車2.4km、駐車場無し、見学自由(石室立入不可) ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■沼津市古墳地図■

古墳名 墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
天神洞古墳 円墳 径12m、高さ2.3m 中瀬町 台地 横穴式石室・玉類・小刀身・須恵器 現地案内板

tenzin1

横穴式石室をもつ後期古墳で、発掘調査後、公園に移築復元された。

tenzin2

全長4mの横穴式石室。

tenzin3

下幅1m、上幅0.75m、高さ1.3m。自然石を持ち送りに積んでいる。

tenzin4

 奥壁は巨石2段。

tenzin5

(撮影 2014/01)

 

 

9月 122014
 

本古墳は、沢田小学校東方の台地上にあります。
【アクセス】JR大岡駅から徒歩・自転車3.4km、駐車場無し、見学自由 ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■沼津市古墳地図■

古墳名 墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
長塚古墳 前方後円墳 墳長54m、後円部径32m、同高5m、前方部幅17m、同長23m、同高3.5m 東沢田 台地 円筒埴輪・鉄鉾・板石片・土師器・須恵器 沼津市HP・現地案内板

nagatuka1

南から。市内に残る前方後円墳のうち最も残りのよい古墳で6世紀前半の築造と推定されている。平成9・10年の調査で墳長54m、周溝を含めた全長75m前後とされた。

nagatuka2

北から。左が後円部、右が前方部。出土した板石片から組合せ式箱形石棺が埋納されていたものと考えられている。

nagatuka3

前方部から後円部。

nagatuka4

後円部から前方部。

nagatuka5

nagatuka6

(撮影 2014/01)

9月 122014
 

本古墳は、片浜駅東方の伊勢神明宮境内にあります。
【アクセス】JR片浜駅から徒歩・自転車350m、駐車スペース有、見学自由 ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■沼津市古墳地図■

古墳名 墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
神明塚古墳 前方後円墳 墳長54m 松長 台地 現地案内板

sinmei1

北から。駿河湾に近い砂丘上に築かれた前方後円墳。前方部が低いやや古い形をしており5世紀末ごろの築造と推定されている。

sinmei2

東から後円部。

sinmei3

後円部から前方部。

sinmei4

前方部から後円部。

sinmei5

後円部墳頂の神明宮

sinmei6

(撮影 2014/01)

9月 122014
 

本古墳は、西沢田の子ノ神神社境内にあります。
【アクセス】JR沼津駅から徒歩・自転車3.3km、駐車場無し、見学自由 ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■沼津市古墳地図■

古墳名 墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
子ノ神(ねのかみ)古墳 前方後円墳 墳長48m 西沢田 台地 伝石室 現地案内板

neno1

南から。右が後円部、社殿の裏が前方部。測量調査は行われたが未発掘で詳細不明。市内の3基の前方後円墳のうち最も新しい古墳時代後期前半の築造と推定されている。

neno2

北西から。手前が前方部。

neno3

南西から後円部。

neno4

後円部から前方部。前方部は社殿建立で大きく削られ反対側も道路で削られている。

neno5

(撮影 2014/01)