11月 102015
 

西高椅古墳群は、鬼怒川の西岸でやすらぎの森からその南方にかけて分布しています。中期か後期の古墳が非常に密集して築かれています。平成27年度の調査では24基が確認され合計74基となりました。10月に現地説明会が開催されました。
【アクセス】★地図★ 
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■小山市古墳地図■

古墳名 墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
西高椅71号墳 円墳 径20.5m 梁 台地 鉄製弓飾り金具・鉄鏃・紡錘車・土師器・横穴式石室 現地説明会資料

 taka71_1

狭い周溝が巡る古墳時代後期築造の円墳。

taka71_2

主体部は横穴式石室。右は土坑墓。先にこの土坑墓があったところに円墳を築いたものと思われる。

taka71_3

石材はほとんど残っていない。鉄鏃などが出土している。

taka71_4

周溝から出土した土師器。粗雑な作り。

taka71_5

紡錘車。

(撮影 2015/10)

11月 062015
 

西高椅古墳群は、鬼怒川の西岸でやすらぎの森からその南方にかけて分布しています。中期か後期の古墳が非常に密集して築かれています。平成27年度の調査では24基が確認され合計74基となりました。10月に現地説明会が開催されました。
【アクセス】★地図★ 
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■小山市古墳地図■

古墳名 墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
西高椅67_68_70号墳 円墳 梁 台地 現地説明会資料
西高椅69号墳 円墳 梁 台地 石製模造品・紡錘車・小型壺 現地説明会資料

 taka67_1

67号墳

taka68_1

68号墳

taka69_1

69号墳

taka69_2

69号から出土した石製模造品。

taka69_3

紡錘車

taka69_4

小型壺

taka70_1

70号墳

taka70_2

周溝内に設けられた埋葬施設(土坑墓)。

(撮影 2015/10)

11月 062015
 

西高椅古墳群は、鬼怒川の西岸でやすらぎの森からその南方にかけて分布しています。中期か後期の古墳が非常に密集して築かれています。平成27年度の調査では24基が確認され合計74基となりました。10月に現地説明会が開催されました。
【アクセス】★地図★ 
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■小山市古墳地図■

古墳名 墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
西高椅66号墳 円墳 梁 台地 横穴式石室・耳環・ガラス小玉・切子玉・須恵器 現地説明会資料

 taka66_1

66号墳。6世紀の築造と推定されている。

taka66_2

主体部は横穴式石室であるが石材はほとんど残っていなかった。手前が入口。

taka66_3

周溝外縁に設けられた埋葬施設。(抉り込み土坑)

taka66_4

出土した耳環

taka66_5

taka66_6

須恵器壺。

(撮影 2015/10)

11月 062015
 

西高椅古墳群は、鬼怒川の西岸でやすらぎの森からその南方にかけて分布しています。中期か後期の古墳が非常に密集して築かれています。平成27年度の調査では24基が確認され合計74基となりました。10月に現地説明会が開催されました。
【アクセス】★地図★ 
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■小山市古墳地図■

古墳名 墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
西高椅63~65号墳 円墳 梁 台地 現地説明会資料

 taka63_1

63号墳。5世紀中頃の築造と推定されている。

taka63_2

出土した土師器

taka64_1

64号墳。63号墳と48号墳の隙間ギリギリに築造されており6世紀丁度くらいの築造と推定されている。

taka65_1

65号墳。

(撮影 2015/10)

11月 022015
 

車塚古墳群は、黒川と恵川合流点東側の段丘上に築かれています。
【アクセス】東武線壬生駅から徒歩・自転車2.1km、駐車スペース有、見学自由 ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■壬生町古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
牛塚古墳 前方後円墳 墳長約66m 藤井 須恵器 現地説明会資料(2015)
牛塚古墳 前方後円墳 墳長約60m、高さ約5m 藤井 現地案内版
牛塚古墳 前方後円墳 第一段(全長49m、後円部径34.7m、前方部長さ11.8m)、第二段(全長39.7m、後円部径276m、前方部長さ12.2m)、周溝からの高さ後円部5.55m、前方部約2.8m 藤井 探訪とちぎの古墳


西から。左が後円部、右が前方部。前方部低い帆立貝形の前方後円墳。周溝は埋まってしまい明瞭ではない。愛宕塚と車塚のあいだの時期(7世紀初め頃)に築かれたものと推定されている。


前方部から後円部。

 
後円部から前方部。


(2010/01/17)隣接する車塚古墳の調査と同時に、牛塚古墳にも範囲確認のため周溝にトレンチが一本入れられた。全体に広く浅い周溝であるが、その中ほどで急に深くなっているのが特徴。

usi71

(2015/10現地説明会。今回は前方部側の周溝にトレンチが掘られ須恵器(赤っぽい焼成)が出土。墳丘長は66mとなった。また前回同様、周溝の中央付近が急に深く抉れ込むという特徴が確認された。それと前方部端部から河原石と凝灰岩片が出てきて(他の地点からは出ていないので葺き石ではなさそう。)横穴式石室が存在する可能性が出てきたよう。

(撮影 2005/12、2010/01、2015/10)

11月 022015
 

車塚古墳群は、黒川と恵川合流点東側の段丘上に築かれています。
【アクセス】東武線壬生駅から徒歩・自転車2.1km、駐車スペース有、見学自由 ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■壬生町古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
車塚古墳 円墳 第一段径84m 藤井 横穴式石室・須恵器甕・葺き石 現地説明会資料
車塚古墳 円墳 第一段径82m、第二段径52m、第三段径32m、周溝からの高さ約11m 藤井 横穴式石室 現地案内版


南から。三段に築成された大型円墳。栃木に来たら是非見学したい1基。

 
周溝跡もよく残る。周辺の大型古墳(牛塚、愛宕塚)に後続して最後(7世紀前半)につくられたものと推定されている。


凝灰岩切石積の全長5.72m横穴式石室が開口。


玄門。古くから開口し副葬品は不明。


玄室。奥行約3m、幅2.77m、高さ2.3m。巨大な一枚石を箱形に組合わせている。

 
奥から外。(2015年追記。玄室入口の冠石に屋根形の彫りこみがあるがこれは後世のもの。左右の袖石の幅が大きく違うが、これも後世に右側袖石が削られたため。掘り下げたところ袖石下部にその痕跡があった。)


北西からパノラマ。左が車塚古墳、右端が牛塚古墳。(2010/01/17 現地説明会にて)写真右側周堤の外側にトレンチが入れられ二重目の周溝の存在が確認された。その後の調査(2014年)でそれが全周することが確認された。


奥の白線が外側の周溝。この地点での幅5.7m、深さ0.9m。この結果周溝を含めた総全長は136mとなり、終末期古墳としては全国最大級の規模となった。なお、手前の白線は車塚古墳築造以前にあった小古墳の周溝らしい。

2014年9月、現地説明会が開催された。今回の調査では二重目の周溝が全周すること、墳丘全面に葺石が施されていることなどが判明。恵器甕片が多く出土しており、埴輪の代用(7世紀には通常の埴輪は製作されていない)として立てられたのではないかとのこと。墳頂縁辺・テラス面と 周堤にも並べられていたよう。写真の甕は他の古墳出土の復元品だが、このように一般的な甕で、この古墳のために特別なものを作ったわけではないよう 。(担当の先生に教えていただきました。)さきたま古墳群中の山古墳からも埴輪代用の須恵器が出土しているが、あちらはその古墳専用に造られた須恵 質の埴輪とでもいうべきものでその性格は異なるものと思われる。

葺き石。栃木県では葺石は珍しい。また今回の調査で、石室前の張り出し部は江戸時代以降の造成であることが判明し、寺の施設だったのではないかとのことだった。

墳頂。段築の平坦面や墳頂平坦面にまで葺き石が葺かれている。(古墳を見上げたとき見える部分のみ葺くことが多い)

須恵器甕片

以下、2015/10現地説明会。

kuruma71

石室の前面が調査されたが、そこは中近世に何かの施設(寺院か?)造営でかなり破壊されており、羨道・前庭・墓道など期待されていた成果はなかったよ う。ただ石室前面の張り出し・平坦面が中近世の造作であることは確定。露出した天井石前面の縦横の彫りこみも後世のもので庇を繋げたのか もとのこと。

kuruma72

今回の調査で石室全体がベンガラで赤く彩色されていたことが判明。前から奥壁は赤っぽかったが、今回掘り下げた部分に明瞭に朱が残っていた。

kuruma73

石室前面から埴輪が出土した。昨年調査でも少し出ていてそれはよそからの混入とされたが、どうやら石室前面限定(他の地点からは一切検出さ れていない)で樹立して可能性がでてきた。終末期の古墳には埴輪は無いのが常識だがこれをどう解釈していくかは今後の課題だそう。

kuruma74

石室の床面から水晶切子玉・ガラス小玉・金銅製耳環など副送品が出土。

kuruma75

(撮影 2005/12、2010/01、2014/09、2015/10)

10月 302015
 

西高椅古墳群は、鬼怒川の西岸でやすらぎの森からその南方にかけて分布しています。中期か後期の古墳が非常に密集して築かれています。平成27年度の調査では24基が確認され合計74基となりました。10月に現地説明会が開催されました。
【アクセス】★地図★ 
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■小山市古墳地図■

古墳名 墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
西高椅61号墳 円墳 梁 台地 埴輪 現地説明会資料
西高椅62号墳 円墳 南北9.4m、東西8.1m 梁 台地 管玉・刀子 現地説明会資料

 taka61_1

61号墳。埴輪を持つ円墳。

taka61_2

出土した大刀形埴輪。

taka62_1

62号墳。27年度調査で最小の円墳。主体部は中央に見える土坑墓で管玉・刀子が出土した。中期の築造と推定されている。

taka62_2

出土した管玉。

(撮影 2015/10)

10月 302015
 

西高椅古墳群は、鬼怒川の西岸でやすらぎの森からその南方にかけて分布しています。中期か後期の古墳が非常に密集して築かれています。平成27年度の調査では24基が確認され合計74基となりました。10月に現地説明会が開催されました。
【アクセス】★地図★ 
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■小山市古墳地図■

古墳名 墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
西高椅52~60号墳 円墳 梁 台地 現地説明会資料

taka52_1

52号墳

taka57_1

57号墳。まだ一部しか調査されていないが群中の円墳としては最大級の規模で径34m程度と思われる。

taka57_2

周溝の内側を抉りこんで設けられた土坑墓。この群では外側を抉りこんだものが何例かみられるが内側は珍しい。

taka58_1

58号墳

taka59_1

59号墳

taka60_1

60号墳。

(撮影 2015/10)

10月 302015
 

西高椅古墳群は、鬼怒川の西岸でやすらぎの森からその南方にかけて分布しています。中期か後期の古墳が非常に密集して築かれています。平成27年度の調査では24基が確認され合計74基となりました。10月に現地説明会が開催されました。
【アクセス】★地図★ 
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■小山市古墳地図■

古墳名 墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
西高椅50号墳 円墳 径21m 梁 台地 土師器・須恵器 現地説明会資料

taka50_1

東から。群の南端付近にあり後期前半の築造と推定されている。

taka50_2

周溝の外縁を抉りこんで設けられた埋葬施設(抉り込み土坑墓)。古墳の主たる被葬者の関係者のものか。

taka50_3

出土した須恵器(はそう、写真右側)。

taka50_4

出土した土師器壷。

(撮影 2015/10)

10月 292015
 

西高椅古墳群は、鬼怒川の西岸でやすらぎの森からその南方にかけて分布しています。中期から後期の古墳が非常に密集して築かれています。平成27年度の調査では24基が確認され合計74基となりました。10月に現地説明会が開催されました。
【アクセス】★地図★ 
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■小山市古墳地図■

古墳名 墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
西高椅35_37号墳 円墳 不詳 梁 台地 現地説明会資料

taka35_1

35号墳。今後樹木伐採を行って調査される。墳頂付近に石材が見られ横穴式石室があるものと推定されている。

taka37_1

37号墳。この群では後から築かれた古墳が先行する古墳をギリギリ避けている(人がやっと通れるくらいの幅)ケースが多いが、これは隣接する40号墳の一部(周溝)を破壊して築かれている。

(撮影 2015/10)