11月 282012
 

保渡田古墳群は、榛名山の東南麓に築かれています。国指定史跡の指定を受け、現在「上毛野はにわの里公園」として整備されています。5世紀後半の築造で、埋葬された豪族の居宅(三ツ寺I遺跡)が特定されています。
【アクセス】JR井野駅から徒歩・自転車5.3km、公園駐車場、見学自由(後円部展示室は博物館開館時のみ) ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■高崎市旧群馬町古墳地図■

墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用

前方後円墳 全長102m、後円径56m、前方部前幅53m 保渡田 公園 馬具類、小金銅仏?、舟形石棺、竪穴式小石槨 古墳めぐりハンドブック


2012年7月に開催された「熱気球・古代東国体験」に参加し撮影。壮大な規模を実感することができた。

南東側から。3基の前方後円墳のうち八幡塚のみ墳丘・周濠が復元整備されている。二子山古墳に続き2番目に築造されたものと推定されている。
1  2 

復元埴輪列。内堤上には2カ所の形象埴輪配列区があり、50体以上の人物、動物埴輪が出土した。

周囲は内堀、外堀、外周溝により3重に区画され、四つの中島がある。

後円部内に船形石棺を安置した展示室が設けられている。

埋葬施設は、礫槨に内蔵される舟形石棺(写真)の他に竪穴式石槨があった。

副葬品室

石棺蓋石

←航空写真へリンク

詳細情報 →(財)群馬県埋蔵文化財調査事業団

(撮影 2005/03)

 返信する