11月 282012
 

保渡田古墳群は、榛名山の東南麓に築かれています。国指定史跡の指定を受け、現在「上毛野はにわの里公園」として整備されています。5世紀後半の築造で、埋葬された豪族の居宅(三ツ寺I遺跡)が特定されています。
【アクセス】JR井野駅から徒歩・自転車5.4km、公園駐車場、見学自由 ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■高崎市旧群馬町古墳地図■

墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用

前方後円墳 全長111m、後円部径74m、高さ8m、前方部幅71m、高さ6m 井出 小竪穴式石室内の舟形石棺、馬具類、鉄鏃 古墳めぐりハンドブック

前方後円墳 全長110m、後円部径72.5m、前方部幅72.5m 井出 ガラス玉、挂甲小札、金銅装馬具、鉄鏃、鉄斧、円筒埴輪 2004現地説明会資料

南東から。井出二子山古墳は保渡田古墳群で最初に築かれた。広大な2重の堀とその中に四つの中島をもつ。外堀の外側にある区画から多量の人物、動物埴輪が出土している。

八幡山古墳から二子山古墳を見る

発掘により姿を現した中島。(2005/03/20)

現地説明会資料より(番号は以下の写真NO.を加筆したもの)以下のコメントは現地説明会資料と現地での解説を参考にしたもの。

NO.1 2004/03/07史跡整備に伴う現地説明会を見学。5世紀後半に築かれた3段築成の前方後円墳。盾形の2重の周濠と4基の中島を持つ。

NO.2 くびれ部。手前は基壇面の葺き石。人垣の影に2段目、その上に3段目の葺き石。葺き石は約1m間隔で縦の目地が認められる。一人分の受け持ち区域によるものとみられる。

NO.3 前方部角の基壇面。地中に埋もれていたが実はここまで墳丘があった。築造後に起きた榛名山二ツ岳の噴火による火山灰の層も観察できた。

NO.4 前方部正面のトレンチ。3段築成の葺き石が良く残っている。上部ほど大きな石を使用。各テラスには埴輪が並べられていた。

NO.5 上と反対側の前方部角。根石はやや大ぶり。前方部幅と後円部径は同一に設計されている。

NO.6 くびれ部の円筒埴輪列。一度立てた埴輪が倒れてしまったあとに、もう一度立て直した(割れた埴輪の上に新しい埴輪を立てた)ものがある。築造後も古墳が管理されていた証拠として、全国的にも珍しい例。

NO.7 主体部。竪穴式石室に納められた舟形石棺。石棺の外形寸法は2.88m×約1.1m。以前この上に置かれていた板石は主体部とは関係ないらしい。

NO.8 昭和5年に一度発掘されていて、その時の記録ではもっと破壊されていたらしい。そのときの調査後に修復されたのかもしれないとのこと。

ide9

ide10

(撮影 2004/03)

 返信する