11月 282012
 

保渡田古墳群は、榛名山の東南麓に築かれています。国指定史跡の指定を受け、現在「上毛野はにわの里公園」として整備されています。5世紀後半の築造で、埋葬された豪族の居宅(三ツ寺I遺跡)が特定されています。
【アクセス】JR井野駅から徒歩・自転車5.4km、公園駐車場、見学自由 ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■高崎市旧群馬町古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用

井出二子山古墳 前方後円墳 全長108m 井出 舟形石棺、円筒埴輪、形象埴輪、土師器、須恵器、金製装飾具、装身具(冠または履、玉類)、垂飾、甲冑、武器類、馬具、祭具 現地案内板、井出二子山古墳の世界


2012年7月に開催された「熱気球・古代東国体験」に参加し撮影。壮大な規模を実感することができた。


北東から。史跡整備事業が終わり2重に巡る楯形の周溝も復元された。コスモスが植えられており秋には素晴らしい景観となる。
説明板1


南から。背後は榛名山。説明板2


東から。


北西から。


後円部から前方部。説明板3


前方部から後円部。


後円部墳頂には舟形石棺の実物大写真を展示。長辺に二つ、短辺に2つの縄掛突起をもち、(本墳は舟形石棺であるが)これは長持形石棺の分類からすると最上位の形式だそうである。
説明板4 説明板5


くびれ部には円筒埴輪を展示。説明板6


復元された中島。説明板7


周堤上に模型が展示されている。

(撮影 2010/01)


 返信する