1月 162013
 

若小玉古墳群は、さきたま古墳群の北、長野落と見沼代用水の間に分布しています。
【アクセス】秩父鉄道東行田駅から徒歩・自転車2.1km、公園駐車場有、公園内見学自由(石室内は休日のみ見学可) ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■行田市古墳地図■

墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用

円墳 77m 藤原町 台地・公園 銅椀1口・須恵器長頸壷1口・金銅座金具2個・金銅製太刀把頭及び鞘尻金具・銀製弓弭片・直刀片・刀子・鉄鏃・乾漆棺片・漆塗木棺片 現地案内板

東から。封土が削られ「関東の石舞台」とも呼ばれる巨大な石室が露出。石室は胴張りで前室・中室・奥室からなる複室構造。

奥室部分

全長16.7mの長大な石室

南東から。7世紀中頃の築造。古墳群の盟主墳と考えられる。乾漆棺片(夾紵棺-絹布10枚ほどを重ね、漆で固めたもので最高級の棺)が出土しており、これは飛鳥地方を中心に全国で6例しかなく被葬者はかなりの権力者と見られている。(資料、行田市観光課のパンフ「小見真観寺古墳・八幡山古墳・地蔵塚古墳」より)

石室実測図(上記パンフより抜粋)

入口から羨道部分。八幡社が祀られている。

羨道から前室部分。床にも切石・板石を使っている。

前室から中室部分。巨大な緑泥片岩で構築されている。

中室から奥室部分。壁は安山岩を精巧にドーム状に積み上げ、天井は巨大な緑泥片岩を使用。

奥室から外。玄門上部の緑泥片岩の重なりが迫力がある。

奥室から中室部分。

中室から前室部分

前室から羨道部分。

(案内板より抜粋)

県指定史跡 八幡山古墳


この古墳は、古くから八幡社がまつられていたため、この名がある。
江戸時代に開口していたと伝えられる石室は、昭和10年に、小針沼の埋め立てのために盛土が取り去られて全容が露出した。
石室は、雄大・製美かつ巨石を用いていることで知られ、昭和10年3月には、埼玉県指定史跡に指定された。

墳丘  復元の際の発掘調査の結果、墳形は円墳で、直径約77m、高さは11mを超えることが判明した。


石室  平面形が、三味線の胴のような、張りをもつ部屋を3室連結したものに、入口部分(羨道)のつく構造となっている。
復元全長 16.7m 奥室最大幅 4.7m
[石室の特徴]長大であることのほかに、石室床面下に、盛土が約4mもあり、墳丘のかなり高い部分に、石室が築かれていたこと、床面下1.8mまで、壁の切石積が連続していること及び、壁・床ともに切石と板石を併用していることである。
[石室の復元]羨道・前室・中室については、天井石と壁面中央の緑泥片岩から、平面形と高さを復元した。奥室は壁基部の角度、天井石の大きさから高さを推定した。推定復元高は、内法で3.1mである。
[使用石材] 天井-緑泥片岩(秩父方面産出)
      側面-緑泥片岩・角閃石安山岩(群馬県二ツ岳産出)
      床 -緑泥片岩・凝灰質砂岩(比企丘陵産出)
遺物  銅椀1口・須恵器長頸壷1口・金銅座金具2個・金銅製太刀把頭及び鞘尻金具・銀製弓弭片・直刀片・刀子・鉄鏃・乾漆棺片・漆塗木棺片。
これらの遺物は、県立さきたま資料館に保管・展示されている。

(撮影 2004/06)


  3 コメント

  1. はじめまして。行田に関東の石舞台(と呼ばれている古墳)がある、と聞き
    先日行ってまいりました。
    私は奈良県飛鳥の石舞台が好きで、遠い昔 高校の修学旅行で飛鳥を選択し
    自転車で回ったことがあります。
    八幡山古墳を知ったのはつい最近で、恥ずかしながらまったく知りませんでした。
    住宅街の中にある、知る人ぞ知る遺跡だと聞きましたが、本当にすぐ近くに家や
    工場がありびっくりしました。
    周りの建物を映さないよう写真を撮るのは、大変だったのではないですか?
    当日は祝日だったので公開されており、石室にも入りましたが、奥まで入る
    勇気はありませんでした。

     
    • 杏様、ご覧いただきありがとうございます。

      >私は奈良県飛鳥の石舞台が好きで、遠い昔 高校の修学旅行で飛鳥を選択し自転車で回ったことがあります。

      私も修学旅行の自由時間で全く同様に巡りました。何だかうれしいです。もう40年近く前です。

      八幡山古墳石室は石舞台ほどの巨石は使っていませんが精巧に積み上げられており技術の高さを感じます。
      けっこう長い石室ですから奥まで行くにはちょっと勇気がいりますよね。

       
  2.  私も知りませんでした。来るまで2時間位の所らしいので是非、お邪魔したです・・・・・。

     

 返信する