1月 172013
 

埼玉古墳群は比較的大型の円墳や前方後円墳が密集してることで有名です。現在、さきたま古墳公園として整備され、市民の憩いの場所として活用されています。ここでは公園の北方の古墳も含めた広義の埼玉古墳群として紹介します。
【アクセス】秩父鉄道行田市駅から徒歩・自転車3.0km、公園駐車場有、公園内見学自由 ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■行田市古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品・備考 引用
稲荷山古墳 前方後円墳 120m 埼玉 台地・史跡公園 直刀、剣、刀子、鉄鏃、鉾、馬具、工具、耳環、玉、鏡、帯金具、埴輪、土師器、須恵器、粘土槨1、礫槨、長方形二重周堀確認、埋葬施設出土品は一括国宝指定。前方部は削平。埼玉県古墳詳細分布調査報告書


丸墓山古墳上から見る。群中では比較的初期の築造と考えられている。金錯銘鉄剣を出土したことであまりにも有名。


東から。右が稲荷山古墳、左奥が丸墓山古墳。


南西から。前方部は昭和12年土取りのため消失したが近年復元された。


前方部から後円部。


後円部から復元された前方部。


墳頂に展示してある粘土槨のレプリカ


同じく礫槨のレプリカ

(現地案内板より抜粋)

稲荷山古墳
墳形   前方後円墳
主軸長  120m 主軸方位 N-37.5度-E
後円部径 62m 高さ 11.7m
前方部幅 74m 高さ 10.7m(推定)

この古墳は、昭和12年に前方部が土取りされ、現在は後円部だけが残っています。
昭和43年の発掘調査で、後円部から2つの埋葬施設(礫槨と粘土槨)が発見されました。粘土槨はかなりこわれていましたが、礫槨はよく残っており、右の図のように多くの副葬品が出土しました。
昭和48年から49年にかけての調査では、墳丘のまわりに方形の二重堀や、墳丘くびれ部の西側と中堤の西側に祭の場と考えられる造り出しが発見され、多くの人物埴輪や円筒埴輪が出土しました。これらの出土品や墳形から、西暦5世紀末から6世紀はじめ(今からおよそ1500年前)に築造されたものと考えられます.
昭和53年に副葬品の保存処理を行ったとき、鉄剣から115文字の金象嵌の銘文が発見されました(金錯銘鉄剣)。これらの副葬品はその後国宝に指定され,さきたま資料館に展示してあります。
なお稲荷山古墳の名前は、後円部上に稲荷社があったためですが、水田の中にあったので田山ともばれていました。
埼玉県教育委員会

(撮影 2006/01)

 返信する