1月 172013
 

埼玉古墳群は比較的大型の円墳や前方後円墳が密集してることで有名です。現在、さきたま古墳公園として整備され、市民の憩いの場所として活用されています。ここでは公園の北方の古墳も含めた広義の埼玉古墳群として紹介します。
【アクセス】秩父鉄道行田市駅から徒歩・自転車3.0km、公園駐車場有、公園内見学自由 ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■行田市古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品・備考 引用
丸墓山古墳 円墳 105m 埼玉字丸墓通 台地・史跡公園 埴輪、土師器、須恵器、周堀確認 埼玉県古墳詳細分布調査報告書


南から。日本最大の円墳。


北東から。他の大型古墳が前方後円墳なのにこれだけがなぜ円墳なのか。しかも体積では群中最大規模。


稲荷山古墳上から見る


南東から。

(現地案内板より抜粋)

丸墓山古墳
形状:円墳 直径:102m 高さ:18.9m

丸墓山古墳は、わが国最大の円墳といわれています。墳丘と堀の一部が復元されていますが、元の形をよく残しています。
遺骸を納めた埋葬施設はわかっていませんが、今までの調査によって、墳丘の表面をおおっていた石(葺石)、円筒埴輪や人物埴輪が発見されています。
これらの出土品から、丸墓山古墳がつくられたのは、6世紀の前半と考えられます。
天正18年(1590年)に、石田三成が、この古墳の南北に堤(石田堤)を築き、忍城を水攻めにしました。古墳から南にまっすぐのびている道路は、この堤のなごりです。
昭和63年3月5日  埼玉県教育委員会

(撮影 2006/01)


 返信する