1月 172013
 

埼玉古墳群は比較的大型の円墳や前方後円墳が密集してることで有名です。現在、さきたま古墳公園として整備され、市民の憩いの場所として活用されています。ここでは公園の北方の古墳も含めた広義の埼玉古墳群として紹介します。
【アクセス】秩父鉄道行田市駅から徒歩・自転車3.0km、公園駐車場有、公園内見学自由 ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■行田市古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品・備考 引用
将軍山古墳 前方後円墳 90m 埼玉字上埼玉 台地・史跡公園 装飾太刀、鉾、鉄鏃、馬具、甲冑、銅椀、鏡、玉、耳環、石製盤、馬冑、蛇行状鉄器、須恵器、埴輪、横穴式石室1、直葬木棺1、二重周堀確認、後・前方部とも東半分削平 埼玉県古墳詳細分布調査報告書


稲荷山古墳上から見る。左が将軍山古墳、右が二子山古墳。群中では一番後期の6世紀後半に築造されたと考えられている。明治27年に発掘されている。


同じく稲荷山古墳上から。


南西から


南東から。こちら側は民家建設のため大きく破壊されてしまっていた。現在後円部内は復元した石室などの展示室となっている。

将軍山古墳は、全長90m、後円部の直径39m、前方部の幅68mの前方後円墳です。明治27年に、地元の方々によって発掘調査が行われ、横穴式石室から、銅椀・太刀・鉄矛・甲・冑・金銅製馬具・蛇行状鉄器など多数の豪華な副葬品が出土しました。
造られた年代は、出土した遺物から、6世紀の後半と考えられます。埼玉古墳群の中では、4番目に大きい前方後円墳で、はじめて横穴式石室を採用した古墳です。
この横穴式石室には、千葉県富津市付近の海岸で採取された「房州石」と呼ばれる石材が利用されており、関東地方の古墳時代の歴史を考える上で重要な古墳となっています。
平成3年から平成8年に、文化庁の協力を得て、墳丘・堀の発掘調査及び復元、石室の保存施設の建設などの整備を行いました。
発掘調査の結果、周囲には長方形の堀が二重にめぐり、後円部と中堤に、死者を弔う祀りが行われた場所と考えられる大きな造り出しがあり、稲荷山古墳・二子山古墳と同じ形態であることがわかりました。
また、前方部には木の棺を竪穴の中に安置した、木棺直葬と呼ばれる埋葬施設が新たに発見されました。さらに、墳丘上と斜面の段、堀の中からは、円筒埴輪・朝顔形埴輪をはじめ、盾・ゆき・人物などの形象埴輪が出土しました。
後円部南側には、副葬品の復元模型が置かれた横穴式石室や古墳の断面が見学できる展示館があります。(現地案内板より)

(撮影 2006/01)

 返信する