1月 172013
 

埼玉古墳群は比較的大型の円墳や前方後円墳が密集してることで有名です。現在、さきたま古墳公園として整備され、市民の憩いの場所として活用されています。ここでは公園の北方の古墳も含めた広義の埼玉古墳群として紹介します。
【アクセス】秩父鉄道行田市駅から徒歩・自転車3.0km、公園駐車場有、公園内見学自由 ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■行田市古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品・備考 引用
鉄砲山古墳 前方後円墳 109m 埼玉字富士山通り 台地・史跡公園 埴輪、土師器、須恵器、二重周堀確認 埼玉県古墳詳細分布調査報告書


南東から。群中3番目に大きな前方後円墳。二子山を5分の4に縮尺した相似形となっている。


北東から。(発掘調査が行われ2012年2月に≫現地説明会(別館に掲載)が開催された。)


南から。

13120801

2013年12月に現地説明会が開催された。今回の調査では三重堀と中堤造出(堀の中堤の一部が舞台のように広くなっている)が発見された。三重堀は全国でも類例が好くなく、また中堤造出は埼玉古墳群の大型古墳(稲荷山・将軍山・二子山古墳)に共通するものでこれも埼玉古墳群以外では類例がない形状をしている。

(現地案内板より抜粋)
鉄砲山古墳
形状  前方後円墳
全長  112.0m
後円部 径56.0m 高さ9.0m
前方部 幅73.0m 高さ9.8m
(平成2年2月現在)
古墳群中3番目に大きな前方後円墳で、西側くびれ部に造り出しがあります。堀は調査の結果、他の古墳と同様、二重にめぐっていることがわかりました。
堀からは、円筒埴輪のほか、土師器、須恵器の破片が発見されています。
古墳の築造年代は、6世紀後半と考えられています。
なお、古墳の名称は、江戸時代に忍城が砲術練習場として使用したことに由来します。

(撮影 2006/01)

 返信する