2月 012013
 

千米寺・石古墳群は、京戸川右岸扇状地に分布しています。68基が確認されていますが現存するものは35基です。7世紀の築造と推定されています。
【アクセス】JR勝沼ぶどう郷駅から徒歩・自転車5.2km、駐車場無し、見学自由? ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■笛吹市古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用

大塚古墳(千米寺・石1号墳) 円墳 径17m 一ノ宮町千米寺 扇状地 横穴式石室、須恵器、葺石 山梨県史

群中標高の低い位置にあり最も残りのよい最大級の円墳。出土した須恵器は7世紀後半以降のもとと推定されている。

南西向きに全長9.5mの両袖型横穴式石室が開口。羨道部の天井石は落下。前庭部があるそうだ。

玄室。玄室長6.7m、奥壁幅2.25m。花崗岩の自然石を持ち送りに積んでいる。

奥壁。

奥から。床面には敷石が残る。

側壁。

天井石。

(撮影 2012/12)

 返信する