2月 062013
 

弁天山古墳は、浦賀水道を見渡す台地上で富津中央公民館敷地内にあります。
【アクセス】JR大貫駅から徒歩・自転車1.3km、駐車場有、見学自由(石室小屋立入要許可) ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■富津市古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
弁天山古墳 前方後円墳 推定全長87.5m、後円部径50m、同高8.5m、前方部幅54.5m、同高7.5m 小久保字弁天 台地 周溝、竪穴式石室、直刀、剣、鏃、甲冑、円筒埴輪 千葉県の歴史、現地案内板


西から。左が後円部、右が前方部。浦賀水道の最奥で東京湾口を見渡す台地上に単独で築かれた前方後円墳。5世紀後葉の築造と推定されている。


後円部から前方部。小久保藩邸の造営や小学校・鉄道用地などになり、墳丘は原形を留めていなかったが、昭和50年から復元整備事業が行われた。


前方部から後円部。竪穴式石室は現在覆屋に囲われ保存されている。隣接する公民館でお願いし鍵を空けていただき見学した。


埋葬施設は竪穴式石室で、全長4.9m、幅0.96m、高さ0.75m。 


天井石は3石で、2石は丁寧に加工されている。中央の石の両端には縄掛け突起がある。石棺の蓋石ではよくみかけるが、天井石に使用するのは関西でいくつか類例があるのみ。関東では弁天山古墳だけ。


石室の廻りには控え積みが認められ、その範囲は南北7m、東西6m。


側壁は凝灰質砂岩の小口積み。

(撮影 2012/02)


 返信する