2月 062013
 

内裏塚古墳群は、青堀駅周辺から南方にかけての小糸川下流域低地上に分布しています。前方後円墳11基、方墳7基、円墳30基が確認されています。
【アクセス】JR青堀駅から徒歩・自転車750m、駐車場無し、見学自由 ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■富津市古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
内裏塚古墳 前方後円墳 墳丘全長144m、後円部径80m、同高13m、前方部幅90m、同高11.5m 二間塚字東代理塚 低地 周溝、葺石、円筒埴輪、形象埴輪、竪穴式石室、人骨、直刀、鉄剣、小刀、鎌、鉄鏃、金銅製胡ろく、他 内裏塚古墳群(2011)


西から。南関東最大の前方後円墳。5世紀中葉の築造で内裏塚古墳群では最初に築かれたものと推定されている。


括れ部から前方部。北東側から後円部へ登ることができる。


前方部から括れ部。


南側の周溝跡。


後円部墳頂の石碑。台座は石室天井石の一部と見られている。

(撮影 2012/03)

 返信する