2月 062013
 

絹根方横穴群は、絹青年棺北方の岩瀬川北岸丘陵斜面に分布しています。11基が確認されています。
【アクセス】JR大貫駅から徒歩・自転車2.7km、駐車場無し、見学自由 ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■富津市古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
絹根方横穴群第1号墓 横穴墓 絹字根方 丘陵斜面 千葉県の歴史、現地案内板


羨道から一段高い位置に玄室がある高壇式横穴墓。この群のほとんどはこの形式。


玄室はドーム状で平面形は隅丸方形。


羨道左側の線刻文字。「許世」「大同元年」とある。大同元年は806年。許世は8_9世紀に房総地方へ赴任したとされる巨勢氏をさすものと考えられている。


羨道右側の線刻。「大同■年」「古世」とある。横穴墓は7世紀台の築造と推定されるので年代に差があるが千葉県の歴史では「とはいえ、造墓後の祭祀・追善行為等の再利用、さらに金石文を考究するうえで良好な資料である。」としている。

(撮影 2012/02)

 返信する