4月 172015
 

白砂谷古墳群は、藤枝総合運動公園周辺の丘陵に分布しています。6世紀中葉から8世紀中頃にかけて築造された約100基からなる大群集墳です。

古墳名 墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
白砂谷古墳群(原古墳群白砂谷支群) 円墳 不詳 原 丘陵 横穴式石室 HP静岡観光おでかけガイド

hara1

運動公園建設などでほとんど消滅してしまったが、写真正面の丘陵上(N地区)に数基残存している。調査された古墳からは石室からの副葬品として須恵器・土師器・武器類・馬具類・装身具類・銅鏡などが出土している。

hara2

N地区(15基)は未調査であるが終末期に築造された小型の石室墳数基が残存している。

hara3

訪れたときは藪が繁茂してしまった場所もあり1基しか確認できなかった。HP静岡観光おでかけガイドでは7基ほどの小石室が紹介されている。

(撮影 2015/01)

 返信する