12月 042012
 

鮎川西岸に展開する白石古墳群(藤岡市)のほぼ中央に位置します。古墳めぐりハンドブックでは主墳でこの地域で最も古い古墳としています。
【アクセス】上信電鉄山名駅から徒歩・自転車3.0km、藤岡歴史館駐車場から徒歩、見学自由 ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■藤岡市古墳地図■

墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用

前方後円墳 全長175m、後円部径92m、高さ13.5m、前方部幅148m、高さ6m 藤岡市白石字稲荷原 山林 西槨-鏡、玉、櫛、石枕、石製模造品他。東槨-鏡、玉類、石枕、石製模造品。埴輪家8、同短甲1、埴輪円筒多数。 現地案内板、藤岡市HP

丘陵上に築かれているので下から見上げると大変大きく見える。

北西から。左が後円部、右が前方部。前方部が低い古式古墳。

前方部から後円部。

後円部から前方部。2,3段目は撥形に開く左右対称の墳丘だが、1段目は非対称に大きく開いている。(前方部幅148mは冗談かと思ったがそうではないようだ)

墳頂

葺石が見られた

←航空写真へリンク

(撮影 2005/05)

 返信する