12月 052012
 

鏑川と鮎川の合流点近くの低地に位置します。精巧な模様積の石室は一見の価値あり。
【アクセス】上信電鉄山名駅から徒歩・自転車1.8km、駐車場無し、見学自由 ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■藤岡市古墳地図■

墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用

不正八角形墳 27.6m、高さ6m 上落合字岡 横穴式石室、須恵器、埴輪 現地案内板

南から。昭和62年の調査で不正八角形墳と判明。

西から。

南向きに開口する横穴式石室

羨道部。擬似マグサ石が架設されている。

奥壁と天井石は巨石使用。側壁は見事な模様積み。

奥から外。両袖式。

玄室から玄門

(現地案内板より抜粋)
県指定史跡
伊勢塚古墳

所在地 藤岡市上落合字岡318番地ほか
所有者 藤岡市

本墳は当初、円墳と考えられていたが、昭和62年度の範囲確認調査により直径27.2m、高さ6mの2段に築かれた不正八角形墳と考えられる。内部構造は羨道、玄室からなる両袖型横穴式石室で、大きさは8.9mである。
石室の石積みに特徴がある。玄室は流麗な曲線を描く胴張りプランで、模様積み(珪岩質の転石を中心に片岩製の棒状の石を配する)と称される独特の石積み技法で、ドーム状の構造になっている。また擬似マグサも架設されている。出土遺物に須恵器、埴輪などがある。6世紀後半に造られたものと考えられる。
平成6年12月15日
群馬県教育委員会
藤岡市教育委員会

(撮影 2003/11)

 返信する