2月 202013
 

本古墳は、開善寺北側(国道151号線北側)の丘陵上にあります。
【アクセス】JR川路駅から徒歩・自転車1.8km、駐車場無し、見学自由 ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■飯田市古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
馬背塚古墳 前方後円墳 全長46m 上川路 横穴式石室 現地案内板、長野県史考古資料編


南西から。右が前方部で林の中に祠が祀られている。左が後円部で墓地や畑となっている。(長野県史では前方部後円部が逆になっているが、ここではより新しい資料である現地案内板に従う)2基の石室を持つのは下伊那地方としては、おかん塚古墳と本古墳のみ。


前方部石室開口部。全長12.3m、羨道部の現存長約6m。こちらは後円部石室より後の6世紀末~7世紀の築造と推定されている。


玄室。玄室長6.46m、幅3.2m、高さ3.3mと写真ではわかりづらいが巨大なもの。人の背丈が奥壁の高さの半分であると想像して欲しい。


奥から。羽子板形のプランで両袖型。


北東から。


後円部石室開口部。全長12m。6世紀代の築造と推定されている。


玄室。玄室長8.8m、幅2m、高さ2.7m。


奥から。長方形のプランで、天井の高低で玄室・羨道部の区別がなされている。

(撮影 2007/04)


 返信する