2月 202013
 

本古墳は、開善寺西方の久米川沿いにあります。
【アクセス】JR川路駅から徒歩・自転車1.4km、駐車スペース有、見学自由 ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■飯田市古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
御猿堂古墳 前方後円墳 全長66.4m、後円部径26.4m、同高8.5m、前方部幅30m、同高9m 上川路 横穴式石室、円筒埴輪、形象埴輪、四仏四獣鏡、勾玉、管玉、切子玉、直刀、鉄鏃、環頭柄頭、鞘金具、馬具、土師器、須恵器、他 長野県史考古資料編


前方部から後円部。規模の割に背の高い前方後円墳。古墳時代後期中葉の築造と推定されている。


後円部から前方部。出土した四仏四獣鏡は重要文化財に指定されている。


後円部の南側中腹に開口する横穴式石室。全長11.3m、羨道長1.0m。


玄室。玄室長10.3m。奥に行くにしたがい広くなっており、玄門部幅1.7m、奥壁幅2.2.m以上となる。天井高は奥壁で2.9m。


奥から。台形のプランで無袖形。天井の高低で羨道部と区別される。

(撮影 2007/04)

 返信する