7月 182012
 

舟塚山古墳群は、霞ヶ浦に注ぐ恋瀬川河口近くの台地上に分布しています。41基(前方後円墳6、方墳1、円墳20、不明14、内19基湮滅)からなります。

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
舟塚山古墳群13号墳 円墳 径10m、高さ2.5m 北根本 石岡市の遺跡(1995)、石岡市遺跡分布調査報告書(2001)
舟塚山古墳群14号墳 円墳 径12m、高さ3m 北根本 組合式箱形石棺、石製模造品 石岡市の遺跡(1995)、石岡市遺跡分布調査報告書(2001)
舟塚山古墳群15号墳 円墳 径20m、高さ1.5m 北根本 石岡市の遺跡(1995)、石岡市遺跡分布調査報告書(2001)


舟塚山古墳後円部上から西方を見る。この方向にはこの他9,10,12号墳があったが湮滅。11号墳(前方後円墳)は湮滅ではないようだが、現在は畑地で古墳には見えない。

 
13号墳。周庭帯上にある古墳は、出土品などから5世紀中葉の築造と推定され、舟塚山古墳の陪塚である可能性が高いとされている。


14号墳。石棺が露出しているが、畑に入らなければ行けないので今回は未確認。報告書によると内法で約1m×0.29mと小型。子供用か再葬ではないかと考えられている。


15号墳。台地縁辺の傾斜面にある。

(撮影 2009/01)

 返信する