7月 182012
 

舟塚山古墳群は、霞ヶ浦に注ぐ恋瀬川河口近くの台地上に分布しています。41基(前方後円墳6、方墳1、円墳20、不明14、内19基湮滅)からなります。

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
舟塚山古墳群17号墳 円墳 径13.5m、高さ1.5m 中津川 短甲、直刀、楯 石岡市の遺跡(1995)、石岡市遺跡分布調査報告書(2001)
舟塚山古墳群18号墳 円墳 径5.5m、高さ1m 中津川 石岡市の遺跡(1995)、石岡市遺跡分布調査報告書(2001)
舟塚山古墳群20号墳 円墳 径9.5m、高さ1.5m 中津川 石岡市の遺跡(1995)、石岡市遺跡分布調査報告書(2001)


舟塚山古墳前方部から西方を見る。18号は藪の中、19号は17号の奥に現存するはず。

 
17号墳。昭和46年に発掘調査され、木棺と思われる主体部から短甲などが出土している。


20号墳。17号の北200mほどの台地縁辺にある小円墳。

(撮影 2009/01)

 返信する