12月 052012
 

頼母子横穴墓群は、東小学校北側の台地の斜面に築かれています。
【アクセス】東武線板倉東洋大前駅から徒歩・自転車1.4km、駐車場無し、柵外から見学自由 ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■板倉町古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用

頼母子横穴墓群 横穴墓 室長2m、高さ0.87m、幅0.75m 海老瀬 台地 案内板

屋根を架け保存されている。

崩壊が進んでいる感じ。

群馬県では確認された横穴墓は少ない。

残念ながら柵の中には入れない。この近くの個人宅内にも開口しているそうだが、今回は未探訪。

(現地案内板より抜粋)

板倉町指定史跡
頼母子横穴墓群
(「上毛古墳綜覧」海老瀬村第1号墳)
昭和50年4月25日 指定

この横穴墓群は、砂岩層をくりぬいて築いたお墓です。
昭和2年および59年に確認され、現在5基を数えます。
昭和59年に確認された横穴墓は、この横穴墓群の西北西20mの所にあり、現在市澤国雄氏邸宅庭内に保存されています。横穴墓内は床面に直径1~8cm程度の河原石(榛名山二ツ岳産出の浮石角閃安山岩)が何層にも敷き詰められていました。この石材は利根川流域の古墳(横穴式石室)に使用されている特徴的な石です。玄室と呼ばれる遺体を安置する部屋の大きさは室長2m、高さ0.87m、幅0.75mを測ります。
横穴墓は、県内で4例確認されており、そのうち1例は本町離山に認められます。
構築時期は7世紀後半と考えられます。
平成10年3月
板倉町教育委員会

(撮影 2003/09)

 返信する