12月 052012
 

笹森古墳は、上州福島駅の南西600mほどの鏑川右岸第2河岸段丘縁辺に築かれています。
【アクセス】上州電鉄上州福島駅から徒歩・自転車1.1km、神社駐車場、見学自由(石室内3月例大祭時に開放) ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■甘楽町古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用

笹森古墳 前方後円墳 全長約100m、後円部径60m、同高さ8m、前方部幅65m、同高さ9m 福島字笹森 横穴式石室、葺き石、勾玉、金銅製耳環、五鈴鏡 現地案内板、まいぶん群馬HP

北から。左側後円部、右側前方部。甘楽・富岡地区では最大の古墳で6世紀後半の築造と推定されている。

南から。くびれ部付近に笹森稲荷神社社殿がある。

石室開口部。小さな鳥居が立てられている。普段は施錠されているが春の大祭のときは拝観できる。

狭く長い羨道部。羨道長約9m、幅1mから1.45m、高さ1.7m。全長は約16mで県内第2位の長さ。

玄室。凝灰岩質の砂岩を使用。玄室長7.2m、幅2.4m、高さ2.5m。

玄室部を奥から。両袖型であるが玄門をもたない。

羨道部を奥から。途中にまぐさ石がある。

県指定史跡 笹森古墳
甘楽町大字福島字笹森1350
昭和58年2月22日

墳丘 全長約100m
   前方部 幅約65m 高さ9m余
   後円部 径約60m 高さ8m余
石室 全長約16m
   玄室 長さ約7.2m 幅約2.4m
      高さ約2.5m
築造年代 6世紀後半

 この前方後円墳は雄川の右岸段丘に築かれ、全域が笹森稲荷神社の境内になっている。墳丘の南側は社殿の建設によって変形しているが、北側には二重の堀が残り、葺き石や埴輪も認められる。
 後円部の中段には、南側に両袖型横穴式石室の入口があり鳥居が建っている。羨道は狭いが、奥行きは県下屈指の長さでこの地方の凝灰岩質砂岩の自然石で造られている。
 なお、ここから北東400mに天王塚古墳(甘楽町指定史跡)がある。これは笹森古墳と対照的で、後円部は大きいが、前方部は未発達の古式古墳(5世紀前半築造)である。
 両古墳の埋葬者はもとより不明であるが、彦狭島王・射狭君などの説がある。

昭和62年3月
甘楽町教育委員会
(現地案内板より)

(撮影 2004/03)


 返信する