12月 052012
 

天王塚古墳は、上州福島駅の南400mほどの鏑川右岸第2河岸段丘縁辺に築かれています。
【アクセス】上州電鉄上州福島駅から徒歩・自転車450m、駐車場無し、見学自由 ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■甘楽町古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用

天王塚古墳 前方後円墳 全長約76m、後円部径50m、同高さ10m、前方部幅39m、同高さ7.5m 福島 葺き石 現地案内板

南から。鏑川流域では唯一の前方部の低い古式前方後円墳。墳丘は未調査のため埋葬施設は不明。手前はちびっこ広場になっていて墳形がよくわかる。200mほど西にやはり前方後円墳の笹森古墳があるがそれとは2世紀ほどの隔たりがある。

現地案内板より

甘楽町指定史跡 天王塚古墳
甘楽町大字福島1277-1-2
昭和53年6月13日指定

 この古墳は別名神明塚とも呼ばれ、鏑川流域に分布する前方後円墳の中では最も古いものです。
 墳丘の全長約76m、後円部径50m、同高さ10m、前方部幅39m、同高さ7.5mで後円部は前方部より高くなっています。
墳丘上には、葺き石に使用したと思われる河原石が各所に見られますが、埴輪は見られず使用されていなかったと思われます。また、周囲には掘りがめぐらされていたと推定されますが、水をたたえていたかは不明です。
 埋葬施設は、未調査のため詳しいことはわかりませんが、墳丘の形態から竪穴式石室が後円部にあると考えられています。
 この古墳が造られた時期は、日本一の仁徳陵古墳より前の時代で5世紀の初め頃と推定され、近くには笹森古墳(7世紀前半・県指定)があり、両墳とも鏑川流域一帯にかけて、それぞれ大きな支配力をもっていた首長の墓ではないかと推測され、当時甘楽町は文化の一大中心地であったと考えられます。

昭和59年7月1日
甘楽町教育委員会

(現地案内板より)

(撮影 2004/02)

 返信する