12月 062012
 

長昌寺古墳は、笠懸町西部の長昌寺墓地内にあります。
【アクセス】★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■みどり市古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
長昌寺A号古墳 円墳 径17m、高さ2.5m 西鹿田字中島 墓地 現地案内板
長昌寺B号古墳 円墳 径20m、高さ2m 西鹿田字中島 墓地 現地案内板

長昌寺西側の墓地内に2基の古墳が並んでいる。これはA号墳。庚申塔がたくさん並んでいる。

B号墳。低く削られ歴代住職の墓地となっている。

(現地案内板より)
長昌寺A号・B号古墳
所在地 笠懸町西鹿田字中島

2基の古墳が東西に並んで存在する。
東側のA号墳の墳頂には五輪塔が置かれ、南側には、庚申塔が多数置かれていることなどから、別名開山塚百庚申塚などとも呼ばれている。
西側のB号墳の墳頂は削平され、長昌寺の歴代住職の墓がたてられている。

平成9年3月30日
群馬県新田郡笠懸町教育委員会

(撮影 2003/11)

 返信する