7月 202012
 

富士見塚古墳群は、安飾小学校の東方1.4kmほどの台地上に分布しています。前方後円墳1、円墳4からなります。現在、古墳公園として整備されています。
【アクセス】JR高浜駅から徒歩・自転車10.9km、駐車場有、見学自由 ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■かすみがうら市古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地現況 出土品、備考 引用

富士見塚古墳(瓢塚古墳、富士見塚1号墳) 前方後円墳 全長78m、高さ11.5m 柏崎字稲荷山 公園 箱式石棺、人骨、馬具、鉄鏃、埴輪 現地案内板、霞ヶ浦町遺跡分布調査報告書(2001)


霞ヶ浦を臨む台地上に築かれた規模の割に背の高い前方後円墳。現在は円墳2基とともに整備され、古墳公園として公開保存されている。古い資料では規模を大きく書いているが1990・91年の調査で全長78m(周溝を含めると111m)とされた。前方部からは箱式石棺が出土し、壮年の男女2体を含む複数の人骨が検出されている。後円部には木棺があった可能性も指摘されている。


手前が前方部、奥が後円部。5世紀末~6世紀初頭の築造と推定されている。


墳頂から周溝と霞ヶ浦を見る。霞ヶ浦からの視覚効果もねらって墳丘を高く築いたのだろう。


前方部から後円部。


後円部から前方部。

(撮影 2009/01)

 返信する