7月 202012
 

風返古墳群(かすみがうら市)は、風返集落センター周辺の台地上に分布しています。前方後円墳1、帆立貝形1、円墳20(11基削平)からなります。
【アクセス】★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■かすみがうら市古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地現況 出土品、備考 引用

風返大日山古墳(風返2号墳) 前方後円墳(帆立貝式) 長径約55m、短径約46m、高さ約6.3m 安食字大道北 山林 箱式石棺、直刀、鉄鏃、人骨、玉類、円筒埴輪、形象埴輪 霞ヶ浦町遺跡分布調査報告書(2001)、現地案内板


南西から。台地北端に築かれた帆立貝形の前方後円墳で、風返古墳群中最初(6世紀前半)に築かれた首長墓と推定されている。町指定史跡であるが放置状態で藪に覆われている。説明板を見るためには写真中央の藪を掻き分ける必要がある。


後円部墳頂。昭和40・41年の調査で墳頂直下から箱式石棺が発見され、直刀・人骨などが出土した。

 
後円部から低く短い前方部。円筒埴輪、形象埴輪(鶏頭が出土している。

(撮影 2009/01)

 返信する