2月 092013
 

豊浦古墳群は、小見川北小学校周辺の利根川南岸自然堤防上に分布しています。前方後円墳5、円墳6基からなります。
【アクセス】JR水郷駅から徒歩・自転車1.5km、駐車場有、見学自由 ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■香取市古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
大塚山古墳 前方後円墳 全長123m、後円部径68m、同高9.5m、前方部長55m、同幅62m、同高7.5m 三之分目字大塚 低地 石棺材、円等埴輪、朝顔形埴輪 千葉県の歴史資料編考古(1996)、HPふさの国


北東から。利根川下流域最大の前方後円墳。墳丘は3段築成で楯形の周溝が巡るものと推定されている。千葉県では最古級とみられる円筒埴輪が出土しており、5世紀中葉の築造と考えられている。この北西近くに三之分目1号墳(全長70mの前方後円墳)があったが昭和23年頃消滅した。


後円部から前方部。あまり開かない形状。


前方部から後円部。


後円部上には長持形石棺とみられる石棺材が残されている。これは底板。


同じく長辺側板。筑波山系産出の片岩を使用。


これも長辺側板?


南西から後円部。駐車場完備で見学しやすい。

(撮影 2011/01)

 返信する