2月 092013
 

神道山古墳群は、香取駅南西の利根川南岸台地上に分布しています。前方後円墳1、円墳11基からなります。
【アクセス】JR香取駅から徒歩・自転車500m、駐車場無し、柵外から見学 ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■香取市古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
神道山古墳 前方後円墳 墳長47m、後円部径27m、同高約4m、前方部幅25m、同高4m 香取字神道他 台地 前方後円墳集成、HPふさの国


北西から。左が後円部、右が前方部。尾根上に築かれた前方後円墳で後期の築造と推定されている。香取市HPによるとこの古墳は昭和の初め頃、香取神宮主の御陵墓かと騒がれたことがあるとのこと。もちろん考古学的な裏付があったわけではなさそう。


北東から後円部。丘陵上はハイキングコースが整備され散策しやすい。


南西から前方部。

(撮影 2011/01)


 返信する