2月 092013
 

城山古墳群(香取市)は、小見川高校周辺の利根川沖積地をのぞむ台地上に分布しています。前方後円墳8、方墳2、円墳11、不明7基からなります。
【アクセス】JR小見川駅から徒歩・自転車1.9km、駐車場有、見学自由(石室内立入要許可) ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■香取市古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
城山(じょうやま)1号墳 前方後円墳 全長68m 小見川 台地 横穴式石室、円等埴輪、形象埴輪、鏡、大刀、直刀、鉄鏃、刀子、武具、装身具、馬具、須恵器、土師器 千葉県の歴史資料編考古(1996)、HPふさの国


1号墳は1963年高校建設にともない発掘調査が行われ、埴輪の他横穴式石室からおびただしい副葬品が出土した。追葬が行われたものとみられ6世紀中頃~6世紀末の古墳と推定されている。調査後石室は小見川城山公園に移築復元されている。入口は施錠されていた。


羨道。左片袖式の横穴式石室で羨道長2m、玄室長4.5m、同幅1.3~1.7m。「吾作」で始まる舶載の三角縁三神五獣鏡(京都市椿井大塚山古墳の鏡と同笵関係)や環頭大刀・頭椎大刀・円頭大刀などの武器類や装身具・馬具類が出土している。


奥壁。

(撮影 2011/01)

 返信する