3月 152013
 

南大塚古墳群は、入間川右岸台地上で関越自動車道川越IC周辺に分布しています。20基の古墳(前方後円墳2、上円下方墳1、円墳17)が確認されています。
【アクセス】西武線南大塚駅から徒歩・自転車約1.6km、駐車場無し、参道からの見学自由★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■川越市古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用

山王塚古墳 上円下方墳 方形部約63m、高さ約1m、円形部径約47m、全高4.5m 大塚新田字山王前 台地、山林 現地説明会資料

sanno1

平成24年度に墳丘墳形の確認調査が行われ25年3月に現地説明会が開催された。山王塚古墳は全国的に類例の少ない上円下方墳として市の指定を受けていたわけだが、今回の調査で墳形があらためて確認された。下方部の一辺は約63mあり、同じ上円下方墳である府中市熊野神社古墳の2倍近い規模。県内では熊谷市にもう1基(宮塚古墳)があるがこちらはまだ未調査。

sanno2

南西から。なぜこの地に大規模な上円下方墳が築かれたのかその背景が気になるがその辺りはまだ不明のようだ。本墳の築造(7世紀後半)を最後にこの地では古墳は築造されなくなる。

sanno8

北西から。上円部は径約43m。下方部もよく残っている。

sanno3

南西側のトレンチ。下方部のコーナーが確認できた。

sanno5

南から上円部。石室は緑泥片岩の横穴式石室と推定されるが今回は調査されなかった。

sanno4

南側のトレンチ。こちら側の周溝は粗掘りして後からロームを埋め立て整形している。(他の周溝は粗掘りなしのよう)

sanno6

上円部裾の表土を剥いだところ。河原石と緑泥片岩が見られる。緑泥片岩は石室材の削りくずではないかと推定されている。河原石が葺石かどうかは不明とのこと。

sanno7

本墳の西側近くにあった山王塚西古墳出土の土師器甕。今回の調査では出土品はほとんどなかったようだ。

(撮影 2013/03)

  3 コメント

  1. 埼玉県埋蔵文化調査事業団のロビーで、山王塚古墳調査見学会のチラシがありました。
    また、川越市のホームページでも同様な案内がありました。
    山王塚古墳発掘調査見学会
    日時:平成28年8月27日(土曜)午前10時・午後2時。それぞれ1時間程度
    場所:山王塚古墳(大塚1丁目21)

     
    • ご連絡ありがとうございます。
      是非行きたいのですがその日は出勤日です。代休とれるかなあ。
      何か新しい発見があったのか知りたいところです。

       
  2. チラシの裏面から

    山王塚古墳について
    ・・・(略)・・・
    平成25年度の調査、平成27年度のにつづき、このたび3回目の発掘調査を行いました。
    発掘調査見学会では、その成果をいち早く多くの方にお伝えします。

     

 返信する