1月 202013
 

長沖古墳群は、小山川(身馴川)北岸で県道秩父児玉線・長瀞児玉線周辺台地上に分布しています。前方後円墳6基を含む205基(2014年時)から成る大群集墳で、5世紀中葉から7世紀後半にかけて築造されたものと推定されています。(規模の欄で先頭は埼玉県古墳詳細分布調査報告書、()内は長沖古墳群(1980)の数字)。
【アクセス】★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■本庄市古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
長沖61号墳 円墳 20m(*径23.4m、高さ4.2m) 長沖 丘陵、山林、畑、宅地 埴輪 埼玉県古墳詳細分布調査報告書、*長沖古墳群(1980)
長沖62号墳 円墳 約10m(*径15m、高さ2.7m) 長沖 丘陵、畑 埴輪 埼玉県古墳詳細分布調査報告書、*長沖古墳群(1980)
長沖63号墳 円墳 約10m(*径17.4m、高さ2.9m) 長沖 丘陵、宅地、畑 埼玉県古墳詳細分布調査報告書、*長沖古墳群(1980)
長沖64号墳 円墳 12~13m(*径13.3m、高さ2.8m) 長沖 丘陵、畑 埼玉県古墳詳細分布調査報告書、*長沖古墳群(1980)

56号~64号は円通寺南側に分布しています。


61号墳。54号が潅木に覆われているのと対照的に樹木が少ない。


62号。以前は環状線から62,63,64号が並んでいるのがよく見えたが、最近ホームセンターができて見えなくなってしまった。


63号墳。


64号墳。この写真は環状線から撮った2002年のもの。現在は道路から見るのは困難。

(撮影 2007/03)

 返信する