1月 202013
 

長沖古墳群は、小山川(身馴川)北岸で県道秩父児玉線・長瀞児玉線周辺台地上に分布しています。前方後円墳6基を含む205基(2014年時)から成る大群集墳で、5世紀中葉から7世紀後半にかけて築造されたものと推定されています。(規模の欄で先頭は埼玉県古墳詳細分布調査報告書、()内は長沖古墳群(1980)の数字)

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
長沖68号墳 円墳 約15m(*径20.6m、高さ1.0m) 長沖 丘陵、畑、荒地 埼玉県古墳詳細分布調査報告書、*長沖古墳群(1980)
長沖73号墳 円墳 14.5m(*径14.5m、高さ2.1m) 長沖 丘陵、畑 埴輪、横穴式石室 埼玉県古墳詳細分布調査報告書、*長沖古墳群(1980)
長沖77号墳 円墳 1.4m(*径9.5m、高さ1.5m) 長沖 丘陵、山林、畑 埼玉県古墳詳細分布調査報告書、*長沖古墳群(1980)
長沖79号墳(十兵衛塚古墳) 前方後円墳 37m(*37m、高さ3.5m) 長沖 丘陵、山林 埴輪、横穴式石室 埼玉県古墳詳細分布調査報告書、*長沖古墳群(1980)、埼玉の古墳(児玉)


68号墳。ホームセンター南方の畑の中。写真奥の藪に70,71,72号が現存するがこれではとても入り込めない。


73号墳。石室の奥壁が露出しているそうであるが藪が物凄く確認できず。


77号墳。ホームセンター南方の台地の縁にあり、79号を取巻くように築かれた小円墳のうちの1基。


79号墳(十兵塚古墳)。後円部径21m、同高3.5、前方部幅23m、同高3.5m。密集した竹薮で観察は困難。

(撮影 2007/03)

 返信する