12月 032015
 

長沖古墳群は、小山川(身馴川)北岸で県道秩父児玉線・長瀞児玉線周辺台地上に分布しています。前方後円墳6基を含む205基(2014年時)から成る大群集墳で、5世紀中葉から7世紀後半にかけて築造されたものと推定されています。

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用

長沖203号墳 円墳 復元径約19~20m 長沖 丘陵・山林・墓地 葺石・円筒埴輪・朝顔形埴輪・形象埴輪・横穴式石室・人骨・武器類・耳環・玉類 長沖古墳群XV(2015)

 naga203_1

群の東端にあり2013年に発掘調査が行われた。以前は前方後円墳とされていた31号墳の前方部とみられていたが、調査の結果やや楕円形の円墳と判明。基壇が巡り葺石(写真手前)がj施されている。奥の石積みは横穴式石室の控え積。墳丘から埴輪片を多く検出。6世紀後半の築造と推定されている。(本墳は調査後消滅しています。)

naga203_2

主体部はやや南東向きに開口する河原石積みの両袖型横穴式石室。控え積みを含む推定全長は8.30m。羨道部推定長2.60m、幅0.9m、高さ0.9~0.95m。側壁は片岩系の河原石を用いた模様積み。天井石は緑泥片岩。

naga203_3

玄室。玄室長4.00m、奥幅2.00m、中央幅2.10m、玄門側1.66m。奥壁・側壁は片岩系の河原石を用いた模様積みで上部は破壊されている。天井石は緑泥片岩で、玄室に落ち込んでいたり抜き取られたりしていた。プランは長方形に近い。すでに盗掘を受けており大形の副送品は残っていなかった。出土した副送品の多くは7世紀前半頃の追葬によるものとみられている。

naga203_4

奥から。玄門は板状の緑泥片岩を立てて門柱石にしている。

調査報告書刊行までブログ等で公開しない約束で写真を撮らせていただきました。ありがとうございました。無事に刊行されたので報告書を引用しアップしました。

(撮影 2013/07)


 返信する