7月 262012
 

五十塚古墳群(古河市)は、KDDI八俣送信所内の台地縁辺に分布しています。かつては前方後円墳2基、円墳十数基から形成されていましたが、現在残るのは3基のみです。
【アクセス】★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■古河市古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用

五十塚古墳群1号墳 円墳 径58m、高さ6.63m 東山田 台地 周溝 三和町史資料編原始古代中世(1992)


南から。巨大なアンテナ群が立ち並ぶ八俣送信所。町史に掲載されている昭和14年の資料を読むと、当時ここで盗掘が横行していたことや、送信所建設にあたり遺跡に配慮してほしいことなどが書かれている。しかし残念ながら3基が現存するのみとなってしまった。

 
東から。周溝の巡る大型の円墳。昭和23年には土取りで瓢箪塚と呼ばれていた古墳が破壊され、石棺・直刀・鉄鏃が出土している。また、三和中学校には五十塚古墳群出土と伝えられる直刀や倒卵形の鍔1個があるそうである。


北西から。周溝跡がよく残っている。

 
西から。これほど良好な大型円墳があまり注目されないのは残念なこと。

(撮影 2007/12)

 返信する