5月 102013
 

本古墳は、荒川左岸の緩傾斜地にあります。
【アクセス】JR甲府駅から徒歩・自転車3.6km、駐車場無し、見学自由(石室内立入要許可) ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■甲府市古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用
加牟那塚古墳 円墳 径40~45m、高さ7m 千塚三丁目 埴輪、葺石、横穴式石室、須恵器、ガラス製丸玉、(伝)鏡 山梨県史

西から。古墳時代後期築造の大型円墳。2段築成で葺石が認められ、円筒埴輪、大刀・盾・馬・武人埴輪が樹立していた。6世紀後半の築造と推定されている。(現地案内板のデータはいくらか古いようだ。)

南向きに開口する右片袖型横穴式石室。

全長16.75m、玄室長9.38m、羨道長7.37m、奥壁幅3.3m、高さ3.2mで県内では姥塚古墳に次ぐ大型の石室。普段扉は施錠されているが山梨県立考古博物館主催の文化財セミナーに参加し石室内を見学した。

kanna10

長大な羨道

kanna11

玄室 

kanna12

この巨石っぷり、人がいるとよくわかりますね。

kanna13

奥壁

kanna14

奥から。右片袖型 

kanna15

kanna16

kanna17

天井石

(撮影 2012/12、2013/02)


  2 コメント

  1. 衝撃的な石の大きさ!
    6世紀でこれだけの石室古墳を造れるのは相当な実力者だったのでしょうね。 

     
    • 普段は入れないのですが運よくセミナーに参加でき見学できました。
      ここも巨石ですが、高崎市観音塚古墳の巨石っぷりも凄いですよ。こちらはいつでも自由に見学できるのでお勧めです。

       

 返信する