5月 172013
 

八乙女山古墳群は、境川PA周辺の八乙女山裾部に分布しています。
【アクセス】JR甲斐住吉駅から徒歩・自転車5.7km、駐車スペース有、見学自由 ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■甲府市古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用

表門神社古墳 前方後円墳(帆立貝式) 後円部径45m、同高7m、前方部長17m、同高1m 白井町 埴輪、竪穴式石室 山梨県史

omote1

南から。八乙女古墳群の1基(八乙女2号墳と呼称されていた時期がある)で、従来円墳とされてきたが現在では帆立貝式古墳と認識されている。埴輪をともない5世紀末から6世紀初頭の築造と推定されている。

omote2

表門神社境内にあり墳丘は比較的良好。

omote3

墳頂に竪穴式石室があり西壁は抜かれ内部を観察できる。

omote4

全長5.15m、幅1.1m、高さ1m。

omote5

東壁下部は巨石を使用。

omote6

側壁は割石小口積。副葬品は発見されていない。

(撮影 2013/01)

 返信する