7月 192013
 

本古墳は、滝戸川東岸段級丘上にあります。
【アクセス】★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■甲府市古墳地図■

古墳名 墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用

天神山古墳 前方後円墳 墳長132m、後円部径67m、同高12m、前方部長50m、同高7m 土師器 山梨県史

ktenzin1

北東から遠景。丘陵頂部の高まりが天神山古墳で左が後円部、右が前方部。山梨県第2位の規模を持つ前方後円墳(約132m未確定)であるが、調査は行われていなかった。近年になってやっと測量調査が行われ、その後昨年に第一次調査(主軸上の前方部端にトレンチを一本入れたのみ)が行われた。
一般向けに開催された報告会・見学会では、葺石・段築が確認されたこと、出土した壺形底部穿孔土器から4世紀の築造(従来は5世紀とされていた)と推定されることなどの話があった。

ktenzin2

西から前方部。私有地のため普段は非公開だが今回は見学会に参加し撮影した。

ktenzin3

括れ部とその奥が後円部。

ktenzin4

後円部。

ktenzin5

後円部墳頂。主体部は未調査であるが竪穴式石室が想定されている。

ktenzin6

括れ部から前方部。

ktenzin7

前方部墳頂。主軸上前方部端~墳頂付近にトレンチが入れられ、裾・中段・頂部付近で葺き石が出土し段築が確認された。前方部端は確認されたが後円部が未調査のため正確な墳長は未確定。(第2次調査が予定されているとのこと)

ktenzin8

括れ部東側のわずかな平坦面にある小さなマウンド。遺跡地図では「無名墳」とされているがその性格は不明。今後調査されるかもしれないとのことだった。

 (撮影 2013/07)

 返信する