12月 062012
 

中ノ峯古墳は、子持山の南麓に築かれています。
【アクセス】JR金島駅から徒歩・自転車2.0km、駐車場無し、見学自由 ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■渋川市古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用

中ノ峯古墳 円墳 基部直径9m、頂部径7m、高さ山側0.70m、谷側1.95m 北牧 丘陵 人骨4体(成人3体、幼児1体)、曲玉、管玉、棗玉、切子玉、銀製飾金具、太刀、鉄鏃、須恵器横瓶、坏蓋 現地案内板

6世紀中葉と推定される榛名山二ツ岳の爆発による軽石(FP)に埋没していた古墳。そのためほぼ完全な形で残っていた。

斜面を掘った横穴式石室

全長5m、奥幅0.86m、高さ1.24mの袖無型横穴式石室。狭長な形状。

輝石安山岩を用いた自然石乱石積。群馬県の横穴式石室初現期の特徴を残している。

(現地案内板より)

中ノ峯古墳(群馬県指定史跡)

この古墳は、榛名山二ツ岳の爆発による軽石(FP)に埋没していた古墳で、ほぼ完全にもとの形をとどめています。
墳丘基部の直径は9m、頂部径7m、高さは山側で0.70m、石室が開口する谷側で1.95mを計り、その外側に巾1.50mのテラスと周堀がめぐります。比較的低く、頂部に広い平坦部を持つ形で、墳丘斜面には葺き石が施されています。
石室は斜面を掘り窪めた中に構築した自然石乱石積袖無型横穴式石室です。石室全長5.0m、埋葬部長3.0mという狭長なものです。
埋葬部からは、人骨4体(成人3体、幼児1体)が散乱した状態で発見された他、曲玉、管玉、棗玉、切子玉、銀製飾金具、太刀、鉄鏃が出土し、いしむろからは須恵器横瓶、坏蓋が出土しています.
墳丘と石室の規模は25センチを1単位とする尺度(晋尺)を用いた可能性があります。また墳丘の築造面は榛名山二ツ岳の最初の爆発に伴う火山灰(FA)の頂上にあります。これらのことと墳丘、石室の構造、さらには遺物などからみて本古墳は6世紀中頃に築かれ、6世紀末ごろまで使用されたものと考えられます。
なお、発見の端緒は、昭和54年3月軽石採取に伴うもので、その際墳丘と石室の一部を破壊したため、これを修復してあります。
平成13年6月
子持村教育委員会

(撮影 2003/12)

 返信する