12月 072012
 

大室古墳群(前橋)は、赤木山南麓のほぼ中央の丘陵性台地に立地しています。国指定史跡の前方後円墳を中心に6基(+未整備2基)が大室公園内に保存されています。
【アクセス】上毛電鉄新屋駅から徒歩・自転車3.7km(前橋駅から徒歩・自転車バス有)、公園駐車場、見学自由 ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■前橋市旧前橋市古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用

小二子古墳 前方後円墳 墳長38m、幅30.4m、高さ5.4m 西大室町 直刀、飾り弓金具、鉄鏃、耳環、鍔、鞘口金具、刀子、ガラス製小玉、須恵器提瓶、円筒埴輪、形象埴輪、横穴式石室 まいぶん群馬HP


2段築成で、下段は帆立貝形、上段は柄鏡形。埴輪列が復元されている。奥に見えるのは後二子古墳の前方部。


石室は半地下式の袖無型横穴式石室であるがすでに破壊されていた。6世紀後半の築造と推定される。


前方部の埴輪群。盛装の男子、武人、巫女、農夫などの人物や馬・盾・靫が並びます。このような埴輪は、下段に置かれることが多く、前方部上に置かれたこの例は珍しいものです。(現地案内板より抜粋)


後円部の埴輪群。家形埴輪の周りに翳が立ち、その外側を太刀・靫・鞆・盾が取り囲んでいます。(現地案内板より抜粋)

現地案内板 1

現地案内板 2

(撮影 2007/07)

 返信する