12月 072012
 

大室古墳群(前橋)は、赤木山南麓のほぼ中央の丘陵性台地に立地しています。国指定史跡の前方後円墳を中心に6基が大室公園内に保存されています。
【アクセス】上毛電鉄新屋駅から徒歩・自転車3.9km(前橋駅から徒歩・自転車バス有)、公園駐車場、見学自由(石室内立入休日のみ開放) ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■前橋市旧前橋市古墳地図■

墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用

前方後円墳 主軸長94m、後円部径69m、前方部前幅65m、高14m、 西大室町 丘陵、山林 鏡、金銅製馬具、鉄鉾、須恵器、土師器、円筒埴輪、形象埴輪、横穴式石室 まいぶん群馬HP

2003/11/16。石室保存修理の現地説明会が行われた。主体部は両袖型横穴式石室。石室全長13.8m、玄室長5.2m、幅1.7m、高さ1.8メートル、羨道長8.6m、幅1.2m、高さ1.8m。羨道部分を解体して、石室の外側に様子が見られる状態。

羨道部分にあった天井石は一時撤去。墳丘の断面から構築の様子がわかる。敷石の上面にはベンガラによる赤彩が鮮明に残されていたそうである。

玄室はまだ非公開。整備後、玄室に入れるようにするかどうかは微妙なようだ。

2段築成で上段には葺き石が施されていた。堀を含めた全長は148mにもなる。6世紀前半の築造と推定される。

円筒埴輪が下段平坦面、外堤両端、墳頂部にめぐらされ、総数1340本と推定される。

現在(2003/08)閉鎖。HP「古墳のお部屋」で写真を見ることが出来る。

前方部から後円部

後円部から前方部

(撮影 2003/08)


 返信する