12月 072012
 

稲荷山塚古墳は、利根川西岸とJR上越線に挟まれた前橋台地上にあります。
【アクセス】★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■前橋市旧前橋市古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用

稲荷山古墳(総社町第12号墳) 不明 不明 総社町 円筒埴輪、人物埴輪、馬形埴輪の破片、横穴式石室、葺石 まいぶん群馬HP

南から。周囲は開発がすっかり進み、工場や店舗に囲まれている。1988年に発掘調査されたが、耕作や総社城の堀の影響で、墳丘の規模や形状は不明。現在、墳丘上は正一位丁間稲荷大明神となっている。

市指定文化財の笠薬師塔婆がここに安置されている。近年道路建設のため他の場所からここへ移設された。県内最古の様式をもち平安末期から鎌倉時代初期に作られたものとされている。

(撮影 2005/03)

 返信する