12月 072012
 

大室古墳群(前橋)は、赤木山南麓のほぼ中央の丘陵性台地に立地しています。国指定史跡の前方後円墳を中心に6基(+未整備2基)が大室公園内に保存されています。
【アクセス】上毛電鉄新屋駅から徒歩・自転車3.7km(前橋駅から徒歩・自転車バス有)、公園駐車場、見学自由(石室内立入休日のみ開放) ★地図★
【周辺古墳】一覧は上記市町村・水系クリック、■前橋市旧前橋市古墳地図■

古墳名  墳形 規模 所在地 立地 出土品、備考 引用

後二子古墳 前方後円墳 主軸長85m、後円部径48m、高11.1m、前方部前幅59.5m 西大室町 直刀、鏃、馬具、金銅製耳環、須恵器、円筒埴輪、形象埴輪、横穴式石室 まいぶん群馬HP


北西から。2段築成で堀を含めた全長は106m。円筒埴輪や形象埴輪が確認されている。6世紀中~後半の築造。

南西から


主体部は南向きに開口した両袖型横穴式石室。下段平坦面より下がって石室に出入りするために、石室前面に深さ0.9メートル、幅2メートル、長さ12メートルにわたって溝状に地面を掘り込んだ墓道がある。


石室の前面からは土師器甕、鉢や多数の坏がまとまって出土した。


復元した場合全長9.4mと推定される横穴式石室が開口。


羨道、玄室からなり、玄室に向かって1段下がる。

現地案内板 1

現地案内板 2

玄室。玄室長5m、同幅2.6m、同高2.3m。(玄室には入れません)


羨道部を奥から。

(撮影 2007/07)


 返信する